MENU

Soracom

Users

SORACOM Air for LoRaWAN のシステム構成

SORACOM Air for LoRaWAN ではいくつかの用語や概念が登場します。機器の設定や機能紹介に先立ち、関連する用語とシステムの構成要素について解説します。

SORACOM Air for LoRaWAN は、通信機器である LoRa ゲートウェイ、LoRa デバイスと、設定を管理するための LoRa グループとネットワークセット、更に LoRa ゲートウェイから送信されたデータを集約する LoRa ネットワークサーバーで構成されています。また、共有サービスモデルのゲートウェイで提供されるネットワークは SORACOM LoRa Space と呼ばれます。各要素の役割は以下のとおりです。

要素役割
LoRa ゲートウェイLoRa デバイスの無線電波を受信し、IoT SIM を通じて LoRa ネットワークシステムに送信するためのゲートウェイ。1 つのゲートウェイは 1 つのネットワークセットに所属します。
LoRa デバイスLoRaWAN 無線装置。データの送信元となるデバイスです。デバイスとサーバ間の認証は OTAA (Over The Air Activation)に対応しています。
LoRa グループLoRa デバイスの設定を管理するためのグループ。1 つの LoRa デバイスは、1 つの LoRa グループに所属します。オペレータ (ソラコムユーザー)は複数の LoRa グループを所有できます。
LoRa ネットワークセットLoRa ゲートウェイ、デバイスの関連付けと設定を管理するための単位。1 つの LoRa ネットワークセット には、複数のゲートウェイ、グループ、デバイスを所属させることができます。
LoRa ネットワークサーバーLoRa ゲートウェイから送信されたデータを集約するシステム。集約されたデータは SORACOM プラットフォームに送られます。
SORACOM LoRa Space (SLS)共有サービスモデルのゲートウェイで提供されるネットワークを指します。SLS はネットワークセットの一種です。

以上の概念を図にすると以下のようになります。

overview

LoRa ゲートウェイには、「所有モデル」と「共有サービスモデル」の 2 つの提供形態があります。どちらの提供形態を利用するかは目的に応じて選ぶことができ、ゲートウェイを購入する際に指定します。

提供形態概要
所有モデルゲートウェイ購入者自身が LoRa ゲートウェイ所有者となるモデルです。用途に応じて公開範囲を設定できます。
共有サービスモデルLoRa ゲートウェイの所有者がソラコムとなり、お客様にサービス提供するモデルです。LoRa ゲートウェイは設置場所を公開され、全ての LoRa デバイスが LoRa ゲートウェイを利用可能になります。

それぞれの提供モデルの詳細は ソラコム Web サイト をご覧ください。 共有サービスモデルの運用については、 共有サービスモデル用 LoRa ゲートウェイ ご利用におけるご注意点 をご確認ください。

LoRa ゲートウェイの提供モデルは、ゲートウェイの購入時に選択する必要があります。後で変更することはできませんのでご注意ください。