Soracom

Users

ドキュメント

LoRaWAN ゲートウェイを設定する

はじめに 

このドキュメントでは、ユーザーコンソールを使って LoRaWAN ゲートウェイを設定する方法を解説します。SORACOM Air for LoRaWAN の全体像は SORACOM Air for LoRaWAN を、デバイスの設定方法は SORACOM Air for LoRaWAN デバイス設定ガイド を参照してください。

当ガイドの前提は以下のとおりです。

LoRaWAN ゲートウェイの登録状況を確認する 

LoRa ゲートウェイはユーザーコンソールで受け取り確認を行った時点でお客様のアカウントに登録されます。まずは以下の手順に沿って、自分が所有しているゲートウェイがアカウントに登録されていることを確認しましょう。

  • ユーザーコンソール左上のメニューから「LoRa ゲートウェイ管理」を開きます。
  • ゲートウェイ一覧に自分が所有している ゲートウェイが表示されていることを確認します。
    • 各ゲートウェイのオンライン・オフラインの表示は、ゲートウェイに接続されている SIM のオンライン状況を表しています。通信できる状態となっていれば「オンライン」と表示されます。最新情報を確認するには、画面をリロードしてください。

gateway

ユーザーコンソールに LoRaWAN ゲートウェイが表示されていない場合、ゲートウェイの受け入れ処理が未済かもしれません。ユーザーコンソールの「発注」画面で「受け取り確認」ボタンをクリックしてください。

この後の設定手順は、「所有モデルゲートウェイ」と「共有サービスモデルゲートウェイ」で異なります。所有モデルゲートウェイをお持ちであれば 所有モデルゲートウェイの設定をする を、共有サービスモデルゲートウェイであれば 共有サービスモデルゲートウェイの設定をする を参照してください。

所有モデルゲートウェイの設定をする 

ここでは所有モデルの LoRaWAN ゲートウェイの設定方法を解説します。共有サービスモデルゲートウェイをお持ちの場合は 共有サービスモデルゲートウェイの設定をする へ進んで下さい。

ステップ 1: ネットワークセットを作成する 

所有モデルゲートウェイでは、公開範囲の設定とゲートウェイとデバイスの関連付けをするために「ネットワークセット (LoRa ネットワーク)」を作成します。

ネットワークセットとは、LoRa ゲートウェイ, デバイスの関連付けと設定を管理するための単位で、ユーザーコンソールでは「LoRa ネットワーク管理」画面から設定を行います。所有モデルゲートウェイでは、ネットワークセットを利用してゲートウェイが提供するネットワークの共有範囲を設定できます。

ネットワークセットは以下の手順で作成します。

  • ユーザーコンソール左上のメニューボタンから「LoRa ネットワーク管理」をクリックします。
  • LoRa ネットワーク一覧画面が表示されたら、画面左上の「追加」ボタンをクリックします。
  • LoRa ネットワーク名を入力し「作成」ボタンをクリックするとネットワークセットの作成完了です。

ステップ 2: ネットワークセットの設定を確認・変更する 

ネットワークセットの設定画面では、ネットワークセットの共有設定と所属している ゲートウェイを確認できます。自分以外のアカウントとネットワークセットを共有したい場合には、ここで接続を許可するアカウントのオペレータ ID を登録します。

  • ユーザーコンソール左上のメニューボタンから「LoRa ネットワーク管理」をクリックします。
  • LoRa ネットワーク (ネットワークセット) 一覧画面で設定を確認・変更したいネットワークセットをクリックすると、詳細画面が表示されます。
  • 他のアカウントとネットワークセットを共有する場合、「共有設定」の「接続を許可しているオペレータ ID」に接続を許可するオペレータ ID を登録します。自分自身のアカウントに所属するデバイスだけ接続許可する場合には、この設定は不要です。

network set

ステップ 3: LoRa ゲートウェイにネットワークセットを指定する 

所有モデルゲートウェイでは、LoRa ゲートウェイにネットワークセットを指定することで通信できるようになります。共有サービスモデルゲートウェイではネットワークセットの指定は不要です。

  • ユーザーコンソール左上のメニューボタンから「LoRa ゲートウェイ管理」をクリックします。
  • LoRa ゲートウェイ一覧画面で設定を確認・変更したいゲートウェイをクリックすると、詳細画面が表示されます。
  • 「ネットワークセット ID」のプルダウンメニューから、先に作成したネットワークセットを選択するとこのステップは完了です。

続いて、SORACOM Air for LoRaWAN デバイス設定ガイド を参考に LoRa デバイスのセットアップを行いましょう。

共有サービスモデルゲートウェイの設定をする 

共有サービスモデルゲートウェイでは、ネットワークセットの個別設定は不要です。あらかじめ「SORACOM LoRa Space」に登録されていますので、以下の手順で共有サービスモデルゲートウェイとして登録されていることを確認できれば他の設定は不要です。

  • ユーザーコンソール左上のメニューから「LoRa ゲートウェイ管理」を開きます。
  • LoRa ゲートウェイ一覧表が表示されたら、「種類」の欄に「共有サービスモデル」と表示されていることを確認します。
共有サービスモデルゲートウェイは、ご利用にあたっていくつか注意事項があります。共有サービスモデル用 LoRa ゲートウェイ ご利用におけるご注意点をご確認ください。

続いて、SORACOM Air for LoRaWAN デバイス設定ガイド を参考に LoRa デバイスのセットアップを行いましょう。