Soracom

Users

ドキュメント

IoT SIM のカスタム DNS を設定する

カスタム DNS を利用すると、デバイスが利用する DNS サーバーを指定できます。

指定した DNS サーバーで応答内容を制御することで、以下のような機能が実現できます。

  • デバイスの設定を変更することなく、デバイスの接続先を切り替える。
  • 意図しない接続先へのアクセスを遮断する (DNS フィルタリング)。
  • デバイスがどのサイトへのアクセスを要求しても、特定のサイトへアクセスさせる (キャプティブポータル: Captive Portal)。
グループに所属する IoT SIM の数に応じて課金されるサービスです

カスタム DNS を「ON」にしたグループに所属する IoT SIM の数に応じて課金されます。詳しくは、以下のページを参照してください。

カスタム DNS の設定はグループに対して行います

ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作ついて詳しくは、グループ設定 を参照してください。

  1. SIM グループ画面で [SORACOM Air for セルラー設定] をクリックします。

    SIM グループ画面を表示する操作について詳しくは、グループの設定を変更する を参照してください。

  2. [カスタム DNS] をクリックして「ON」にします。

    有効化 有効化

  3. [IP アドレス] に DNS サーバーの IPv4 アドレスを入力して、[保存] をクリックします。

    DNS DNS

    [+ Add] をクリックすると、IPv4 アドレスの入力欄を 1 つ増やすことができます。

    グループ詳細 グループ詳細

  4. [保存] をクリックします。

  5. IoT SIM が所属するグループを切り替えます。

    IoT SIM の カスタム DNS が有効になります。

カスタム DNS が適用されないことがあります

デバイスで明示的に DNS サーバーを指定した場合は、デバイスの設定が優先され、カスタム DNS で指定した設定が適用されないことがあります。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、カスタム DNS の設定を変更できます。

  • SORACOM CLI を利用するには、あらかじめ SORACOM CLI をインストールし、認証情報を保存してください。詳しくは、SORACOM CLI をインストールする を参照してください。
  • {group_id} は、soracom groups list (Group:listGroups API) で取得できます。
  • {namespace} は、SoracomAir です。
  • ボディで指定するプロパティについては、ボディで指定するプロパティについて を参照してください。
  • ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作ついて詳しくは、グループ設定 を参照してください。

カスタム DNS の設定を変更する

soracom groups put-config (Group:putConfigurationParameters API) を使用します。

$ soracom groups put-config --group-id {group_id} --namespace SoracomAir \
--body '[
  {
    "key": "useCustomDns",
    "value": true
  },
  {
    "key": "dnsServers",
    "value": [
      "8.8.8.8",
      "8.8.4.4"
    ]
  }
]'
  • SORACOM API を利用するには、API キーと API トークンが必要です。詳しくは、API キーと API トークン を参照してください。
  • {group_id} は、Group:listGroups API で取得できます。
  • {namespace} は、SoracomAir です。
  • ボディで指定するプロパティについては、ボディで指定するプロパティについて を参照してください。
  • ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作ついて詳しくは、グループ設定 を参照してください。

カスタム DNS の設定を変更する

Group:putConfigurationParameters API を使用します。

$ curl -v -X PUT https://api.soracom.io/v1/groups/{group_id}/configuration/SoracomAir \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '[
  {
    "key": "useCustomDns",
    "value": true
  },
  {
    "key": "dnsServers",
    "value": [
      "8.8.8.8",
      "8.8.4.4"
    ]
  }
]'

ボディで指定するプロパティについて

以下の keyvalue のペアを配列で指定します。

keyvalue の型value
useCustomDnsBoolean

カスタム DNS の ON/OFF を設定します。

  • true: ON
  • false: OFF
dnsServersArray of strings

DNS サーバーの IPv4 アドレスを 2 つまで設定します。

不正な値を設定しないでください

DNS サーバー以外の IPv4 アドレスを設定するなど、不正な値を設定すると名前解決に失敗します。その結果、メタデータサービスを利用できないなど、一部の機能が利用できなくなります。

想定していない値を指定した場合の動作は、定義されていません。SORACOM CLI / SORACOM API で設定を変更したあとで、SORACOM ユーザーコンソールで意図通りに設定されていることを確認してください。