Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Air for セルラーからアクセスできるエンドポイント一覧

IoT SIM を利用するデバイスは、インターネットを経由することなく、SORACOM プラットフォームで提供されている以下のエンドポイントにアクセスできます。

項目エンドポイント
PING 応答サービスpong.soracom.io
SORACOM Air メタデータサービス機能metadata.soracom.io
DNS サーバー100.127.0.53100.127.1.53
NTP サーバーntp.soracom.io
SORACOM サービスbeam.soracom.io など

PING 応答サービス

IoT SIM を利用するデバイスから SORACOM プラットフォームへ到達できることを確認できます。

$ ping -c 4 pong.soracom.io
PING pong.soracom.io (100.127.100.127) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=1 ttl=64 time=96.8 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=2 ttl=64 time=98.1 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=3 ttl=64 time=97.1 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=4 ttl=64 time=94.1 ms

--- pong.soracom.io ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 7ms
rtt min/avg/max/mdev = 94.126/96.535/98.072/1.497 ms
PING 応答サービスに到達できない場合に代理で応答されることがあります

SORACOM プラットフォームで提供する PING 応答サービス (pong.soracom.io) にデバイスから到達できない場合に、別の機器やサーバーによって代理で応答されることがあります。

出力の 1 行目の PING pong.soracom.io (100.127.100.127) に表示されている IPv4 アドレスが、100.64.0.0/10 (100.64.0.1 ~ 100.127.255.254) の範囲に入っていることを確認してください。

SORACOM Air メタデータサービス機能

SORACOM Air メタデータサービス機能 (以下、メタデータサービス) を利用すると、デバイスで動作するアプリケーションが、デバイスで利用する IoT SIM の情報を簡単に取得したり更新したりできます。詳しくは、デバイスで IoT SIM の情報を利用する (メタデータサービス) を参照してください。

DNS サーバー

IoT SIM を利用するデバイスがセッションを確立すると、IPv4 アドレスや SORACOM プラットフォームで提供する DNS サーバーが自動的に設定されます。デバイスは、この DNS サーバーを利用して名前解決できます。

利用例:

$ nslookup beam.soracom.io 100.127.0.53
Server:         100.127.0.53
Address:        100.127.0.53#53

Non-authoritative answer:
Name:   beam.soracom.io
Address: 100.127.127.100

独自の DNS サーバーを利用することもできます。詳しくは、IoT SIM のカスタム DNS を設定する を参照してください。

NTP サーバー

インターネットを利用しないデバイスでも、時刻を正確に保てます。

利用例:

$ ntpdate -q ntp.soracom.io
server 100.127.0.123, stratum 3, offset -0.066860, delay 0.11462
 9 Jul 14:35:47 ntpdate[1669]: adjust time server 100.127.0.123 offset -0.066860 sec
うるう秒の処理について

SORACOM プラットフォームで提供する NTP サーバーでは、うるう秒について平滑化して調整します (Leap Smearing)。そのため、うるう秒の追加によるアプリケーションエラーを心配する必要がありません。