Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Air for セルラーの特徴

SORACOM Air for セルラーは、IoT 向けのデータ通信 SIM “IoT SIM” を提供するサービスです。SORACOM Air for セルラーの特徴は以下のとおりです。

少ない初期投資

SORACOM Air for セルラーの IoT SIM では、さまざまなサブスクリプションを用意しています。詳しくは、サブスクリプションの種類 を参照してください。

いずれも初期費用は最小限に抑えており、課金単位は日単位/月単位、もしくはデータ通信量やリクエスト数に応じた従量課金です。すぐに始めることができ、また、いつでもやめることができます。

さまざまな方法で購入できます

SORACOM ユーザーコンソールSORACOM IoT ストア、SORACOM API (Order:createQuotation API および Order:confirmOrder API) を利用して、1 枚から購入できます。

SORACOM ユーザーコンソールで購入する場合は、STEP2-1: IoT SIM およびデバイスを購入する を参照してください。

セキュアなネットワーク構成

SORACOM Air for セルラーでは、セキュアなセルラー通信を提供します。IoT SIM にはプライベート IPv4 アドレスが割り当てられ、デバイスから SORACOM プラットフォームまでは閉域網で接続します。そのため、セルラー通信を利用してインターネットからデバイスに直接アクセスすることはできません。

デバイスに ping を送信するには

プライベート IPv4 アドレスが割り当てられているため、お客様のシステムからインターネットを経由して、デバイスに ping を送信することはできません。代わりに SORACOM プラットフォームから ping を送信する 機能を提供しています。

主な機能

SORACOM Air for セルラーの主な機能は以下のとおりです。各機能について詳しくは、リンク先のページを参照してください。

機能説明
管理機能
  • 所有する IoT SIM を SIM 管理画面で一覧表示 できます。SIM 管理画面では、複数の IoT SIM を選択して設定を変更するなど、IoT SIM を管理するためのさまざまな機能が提供されています。
  • IoT SIM の 名前を変更 して区別しやすくしたり、付加情報 (タグ) を設定 して特定の管理者が管理している IoT SIM だけを SIM 管理画面に表示したりできます。
通信状況の 確認
IoT SIM が通信できないように見えるときは
診断機能 を利用して、どのカテゴリに異常があったか診断できます。
ステータス / 速度クラスなどの変更
解約した IoT SIM は利用できません

一時的に利用しない期間の基本料金を節約するには、「利用開始待ち (standby)」または「利用中断中 (suspended)」の利用を検討してください。

IoT SIM の譲渡

IoT SIM を一括購入したうえで、任意のタイミングでほかのオペレーターに譲渡するオペレーションを実現できます。なお、利用料金はオペレーターごとに請求されます。詳しくは、IoT SIM をほかのオペレーターへ譲渡する を参照してください。

IoT SIM のステータスが変わると譲渡できません

「IoT SIM をデバイスに取り付けてデータ通信を行う」など、IoT SIM のステータスが変わると譲渡できなくなります。ほかのオペレーターに譲渡する予定がある IoT SIM は、デバイスに取り付けないでください。

不正利用の防止
  • あらかじめ設定した「ユーザー名」および「パスワード」を知っているユーザーだけが、IoT SIM を利用できるように設定できます (CHAP 認証)。
  • あらかじめ設定した「デバイスと IoT SIM の組み合わせ」のときにだけ、IoT SIM を利用できるように設定できます (IMEI ロック)。
データ通信以外の通信方法
そのほかの機能
  • IoT SIM が接続している 基地局の位置情報や IoT SIM の位置情報 を確認できます。サブスクリプションによって、確認できる位置情報が異なります。
  • デバイスで動作するアプリケーションが、簡単な HTTP アクセスだけで IoT SIM の情報を取得したり更新したりできます (メタデータサービス)。
  • デバイスが利用する DNS サーバーを指定 できます。
  • IoT SIM を利用する際、必要な設定が存在していない場合や、設定が無効になっている場合など、設定に不備が見つかった場合にエラーログが出力されます。SORACOM ユーザーコンソールで、この エラーログを確認 できます。
SORACOM ユーザーコンソール / SORACOM API での遠隔操作

IoT SIM の購入、状態確認、通信速度の変更など、ほぼすべての機能は、SORACOM ユーザーコンソールSORACOM CLI / SORACOM API から利用できます。

そのほかのサービス / 機能との連携

SORACOM プラットフォームでは、多くの デバイスサービス を提供しています。

ここでは Air for セルラーからデータを送信する場合に、あわせて利用できる代表的な SORACOM サービスを紹介します。

そのほかのサービス そのほかのサービス

サービス説明
Unified EndpointIoT SIM から送信されたデータを、Beam、Funnel、Funk、Harvest Data に振り分けます。複数のサービスに同時に振り分けることもできます。また、上図では Orbit を経由するように描かれていますが、Orbit を経由する必要はありません。
OrbitIoT SIM から Unified Endpoint に送信されたデータを、WASM モジュールで加工してから Unified Endpoint に送信できます。WASM モジュールは、プログラミング言語を利用して開発する必要があります。(*2)
Beam (*3)IoT SIM から送信されたデータを、任意のサーバーに転送できます。デバイスが使えるプロトコルとサーバーが使えるプロトコルを橋渡しするためにプロトコルを変換する機能があります。
Funnel (*3)IoT SIM から送信されたデータを、「Funnel で専用のアダプターが用意されたクラウドサービス」に転送できます。専用のアダプターが用意されているため、本来なら高度なデータ変換が必要な場合でも、最小限の設定で転送できます
Funk (*3)IoT SIM から送信されたデータを、パブリッククラウドサービスの Function にデータを転送して実行します。
Harvest Data (*3)IoT SIM から送信されたテキスト、JSON などのデータを保存するストレージです。
Harvest FilesIoT SIM から送信された画像ファイルやログファイルなど、ファイルを保存するストレージです。
LagoonHarvest Files に保存したファイルや、Harvest Data に保存したデータを、グラフなどで可視化するためのダッシュボードを作成できます。作成したダッシュボードは、ほかのユーザーと共有できます。
  • (*1) 標準では、SORACOM プラットフォームから ランデブーポイント を経由して、インターネットに接続し、お客様のシステムにデータを送信します。VPG を利用すると、インターネットを利用せずに閉域網でデータを送信できます。接続先や接続方式によって利用するサービス (Canal (VPC ピアリング)Canal (Transit Gateway)DoorDirect) が異なります。
  • (*2) IoT SIM から送信されたデータを、WASM モジュールを利用せずに バイナリパーサー定義済みフォーマットカスタムフォーマット を利用して JSON に変換することもできます。
  • (*3) Unified Endpoint を経由せずに、IoT SIM から直接利用することもできます。ただし、直接利用する場合は Orbit を利用できません。
Air for セルラーと同等の役割を持つサービスについて

セルラー通信以外にも Air for LoRaWANAir for SigfoxArc を利用すると、これらの通信方式に対応したデバイスからも SORACOM プラットフォームにデータを送信できます。

SORACOM サービスについて詳しくは、SORACOM のサービス を参照してください。