Soracom

Users

ドキュメント

位置情報を取得する

SORACOM Air で取得できる位置情報には、基地局の位置情報と、デバイスの位置情報の 2 種類があります。

種類対応サブスクリプション料金位置情報の取得方法
デバイスが接続する基地局の位置情報すべて無料SORACOM ユーザーコンソールで確認したり、SORACOM CLI / API で取得したりできます。
4G セッション確立時のデバイスの簡易的な位置情報 (簡易位置測位機能)plan-KM1有料Unified Endpoint に送信したデータが、SORACOM Beam (以下、Beam) / SORACOM Funnel (以下、Funnel) / SORACOM Funk (以下、Funk) / SORACOM Harvest Data (以下、Harvest Data) に送信される際に、デバイスの簡易的な位置情報が送信されます。
plan-KM1 以外のサブスクリプションを契約している IoT SIM では簡易位置測位機能は利用できません
簡易位置測位機能を利用できるサブスクリプションは plan-KM1 のみです。plan-D など、その他のサブスクリプションでは設定を有効にしたグループに所属させても、位置情報は送信されません。

デバイスが接続する基地局の位置情報を取得する 

本機能は IoT SIM の位置情報ではなく、デバイスが接続する基地局の位置情報を取得する機能です。利用可能な条件は以下のとおりです。

  • SORACOM IoT SIM で通信している。
    • カード型 / チップ型 SIM、2G / 3G / 4G のいずれかで利用できます。
  • 特定地域向け IoT SIM で通信している。
    • 4G / 5G のいずれかで利用できます。
    • 2G / 3G では利用できません。

基地局の位置情報を取得する方法は 3 つあります。

  1. ユーザーコンソールにログインし、位置情報を取得する IoT SIM を選択します。

    ユーザーコンソール

  2. IoT SIM を選択すると位置情報が表示されます。

    位置情報

CellLocation API を使用します。

SORACOM API 利用ガイド および SORACOM API リファレンス を参照してください。

soracom cell-locations コマンドを使用します。

SORACOM CLI 利用ガイド を参照してください。

LTE セッション確立時の簡易的な位置情報 (簡易位置測位機能) を取得する 

簡易位置測位機能は、4G 通信のセッション確立時点のデバイスの簡易的な位置情報を SORACOM プラットフォームに記録する機能です。

記録されたデバイスの簡易的な位置情報は、Unified Endpoint を利用してデータを送信したときに、Beam / Funnel / Funk / Harvest Data に送信されます。

  • 簡易位置測位機能は、plan-KM1 の IoT SIM を使用するデバイスであれば利用できます。GPS モジュールや WiFi モジュールは不要です。
  • SORACOM LTE-M Button for Enterprise (以下、Enterprise ボタン) は、plan-KM1 の IoT SIM を使用しているため、簡易位置測位機能が利用できます。Enterprise ボタンで簡易位置測位機能を有効にする操作については、位置情報を付与する (簡易位置測位機能) を参照してください。

ステップ 1: Harvest Data を有効にする 

Harvest Data で位置情報を可視化する場合は、plan-KM1 の IoT SIM が所属するグループで Harvest Data を有効化します。詳しくは、Harvest Data を有効化する を参照してください。

ステップ 2: 簡易位置測位機能を有効にする 

簡易位置測位機能の設定はグループに対して行います
ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作ついて詳しくは、グループ設定 を参照してください。
  1. SIM グループ画面で [SORACOM Air for セルラー設定] をクリックします。

    SIM グループ画面を表示する操作について詳しくは、グループの設定を変更する を参照してください。

  2. [簡易位置測位機能] をクリックして「ON」にし、[保存] をクリックします。

    locationservice

  3. IoT SIM が所属するグループを切り替えます。

    IoT SIM の簡易位置測位機能が有効になります。

ステップ 3: セッションを確立してデータを送信する 

plan-KM1 の IoT SIM を使用するデバイスでセッションを確立して、Unified Endpoint に任意のデータを送信します。

このときに、セッション確立時点のデバイスの簡易的な位置情報が SORACOM プラットフォームに記録されます。そして、記録された位置情報は、Unified Endpoint に送信した任意のデータとともに Beam / Funnel / Funk / Harvest Data に送信されます。

ステップ 4: Harvest Data で簡易的な位置情報を可視化する 

Harvest Data で位置情報を確認できます。詳しくは、Harvest Data で可視化する を参照してください。

locationservice

データフォーマット 

リファレンス: 簡易位置測位機能のデータフォーマット を参照してください。

制限と注意事項 

リファレンス: 制限事項と注意事項 を参照してください。