MENU
はじめに
Getting Started
ユーザーコンソールの操作
さまざまな機能の使い方
トラブルシューティングとサポート
リファレンス

Soracom

Users

位置情報を取得する

IoT SIM で通信デバイスの位置情報を利用した「位置情報」について解説します。

はじめに

SORACOM Air で扱う「位置情報」には以下の 2 種類があります。

  • 携帯電話の基地局の位置情報
  • LTE セッション確立時の簡易的な位置情報 (簡易位置測位機能)

取得する位置情報の特徴は、それぞれ以下のとおりです。

種類対応サブスクリプション費用SORACOM Beam / Funnel / Funk / Harvest との連携
携帯電話の基地局の位置情報すべて無料
簡易位置測位機能 (LTE セッション確立時の簡易的な位置情報)plan-KM1有料
特定地域向け IoT SIM のご利用料金
簡易位置測位機能をご利用いただける SIM のサブスクリプションは plan-KM1 のみとなります。plan-D などその他のサブスクリプションでは設定を有効にしても位置情報が連携されません。SIM グループ単位での設定となりますので、plan-KM1 以外の SIM が所属するグループでも有効にできます。

携帯電話の基地局の位置情報を取得する

本機能は SIM の位置情報ではなく、SIM と通信している基地局の位置情報を取得する機能です。特定地域向け IoT SIM / SORACOM IoT SIM を用いた通信で利用可能です。利用可能な条件は以下の通りです。

  • 特定地域向け SIM で LTE または 5G による通信を行っている
    • 2G / 3G の通信の際は取得できません。
  • SORACOM IoT SIM で通信を行っている
    • カード型 / チップ型 SIM、2G / 3G / LTE のいずれでもご利用いただけます。

基地局の位置情報を取得する方法は 3 つあります。

  1. ユーザーコンソールにログインし、位置情報を取得する SIM を選択します。

    ユーザーコンソール

  2. SIM を選択すると位置情報が表示されます。

    位置情報

CellLocation API を使用します。

SORACOM API 利用ガイド および SORACOM API リファレンス を参照してください。

soracom cell-locations コマンドを使用します。

SORACOM CLI 利用ガイド を参照してください。

LTE セッション確立時の簡易的な位置情報 (簡易位置測位機能) を取得する

簡易位置測位機能は LTE 通信のセッション確立時点でのおおよその位置情報を取得し、SORACOM Beam (以下、Beam) / SORACOM Funnel (以下、Funnel) / SORACOM Funk (以下、Funk) / SORACOM Harvest (以下、Harvest) に連携できるサービスです。デバイスに GPS モジュールや WiFi モジュールは不要であり、すでに運用中の SIM (plan-KM1) であっても SORACOM コンソールから機能を ON にするだけで利用が開始できます。これにより SORACOM LTE-M Button for Enterprise (以下、Enterprise ボタン) 等のシンプルなデバイスであっても、消費電力を抑えながら概位置が取得できます。

以下に SORACOM Harvest Data を利用して Enterprise ボタンの位置を表示する方法を解説します。plan-KM1 の SIM を使用するデバイスも同様です。

Unified Endpoint のエンドポイントを利用してください。Beam / Funnel / Funk / Harvest 個別のエンドポイント経由では位置情報が連携されません。 LTE-M Button for Enterprise, LTE-M Button Plus をご利用の場合、送信先は Unified Endpoint に固定されているため、特に意識する必要はありません。

ステップ 1: デバイスを準備する

以下の例では Enterprise ボタンを利用します。

Enterprise ボタンをセットアップし、SORACOM Harvest Data を有効にする手順は ボタンクリック時のデータを SORACOM Harvest Data で確認する の「準備」および「ステップ 1: 可視化を有効にする」を参照してください。

ボタンクリック時のデータを SORACOM Harvest Data で確認する では LTE-M Button for Enterprise 管理画面より簡易位置測位機能を有効にしていますが、当ドキュメントではグループ設定より有効にする手順を紹介します。plan-KM1 を搭載したデバイスで簡易位置測位機能を利用する際に活用ください。

ステップ 2: 簡易位置測位機能を有効化する

簡易位置測位機能は SIM グループに対して設定します。

  1. SORACOM ユーザーコンソール の SIM 管理画面より Enterprise ボタンを確認します。Enterprise ボタンは plan-KM1 の eSIM を内蔵しているため、SIM のひとつとして表示されます。

    Enterprise ボタンの確認

  2. 設定対象の SIM のグループ名をクリックしてグループ設定を編集します。グループ設定内の SORACOM Air for Cellular 設定 を開き、簡易位置測位機能を ON に変更し 保存 をクリックします。

    locationservice

ステップ 3: SORACOM Harvest Data よりおおよその位置情報を可視化する

Enterprise ボタンのボタンをクリックし、LED がオレンジ色となり、約 10 秒後に緑色となればデータの送信は成功です。 SORACOM Harvest Data 上のデータを確認します。

locationservice

上図の通り、 Harvest にデータが登録されました。

以上で簡易位置測位機能と SORACOM Harvest を利用して Enterprise ボタンの位置を表示することができました。

データフォーマット

リファレンス: 簡易位置測位機能のデータフォーマット を参照してください。

制限と注意事項

リファレンス: 制限事項と注意事項 を参照してください。