MENU
はじめに
Getting Started
ユーザーコンソールの操作
さまざまな機能の使い方
トラブルシューティングとサポート
リファレンス

Soracom

Users

グループ設定

ユーザーコンソールでの設定項目はそれぞれのドキュメントを参照してください。

Namespace: SoracomAir

この Namespace 以下では、主に通信や SIM に関する設定が行えます。

カスタム DNS 機能

当該 Group に属する SIM が通信を開始した際に、独自の DNS サーバアドレスを渡す機能です(参考: カスタム DNS を設定する)。

※有効にする事で追加のコストが発生するので、ご注意ください

コンフィグパラメータ

"SoracomAir":{
    "useCustomDns": true | false, // 機能自体のオンオフ、デフォルトはfalse
    "dnsServers": [ "DNSサーバIPアドレス1", "DNSサーバIPアドレス2" ] //  2つまで
}

設定例

[
  {
    "key": "useCustomDns",
    "value": true
  },
  {
    "key": "dnsServers",
    "value": ["8.8.8.8", "8.8.4.4"]
  }
]

メタデータサービス

SORACOM Air で通信を行っている端末から、自身の使用している SIM に関する情報を認証なしで取得したり、Group に設定された userdata を取得したりする事ができるサービス(参考: SORACOM Air メタデータサービス機能を使用する)。

コンフィグパラメータ

"SoracomAir": {
    "metadata": {
      "enabled": true | false, // 機能自体のオンオフ、デフォルトは false
      "readonly": true | false, // 書き込みアクセスの禁止、デフォルトは true
      "allowOrigin": "string" // CORS によるクロスドメインアクセスを許可する URL の指定
    },
    "userdata": "string" // 任意のユーザ定義データ
}

設定例

[
  {
    "key": "metadata",
    "value": {
      "enabled": true,
      "readonly": true,
      "allowOrigin": "http://some.example.com"
    }
  },
  {
    "key": "userdata",
    "value": "foobar"
  }
]

VPG (Virtual Private Gateway)

VPG は、SORACOM の Canal, Direct, Door, Gate などのネットワークサービス各種サービスを利用する上で重要な役割を担う機能コンポーネントです。 VPG を使用して、お客様のシステムと接続し、さらに SORACOM Air のグループ機能で VPG を有効化することで、そのグループの SIM カードを使うデバイスからの通信を直接お客様のシステムにルーティングすることが可能となります。 詳細は、 Virtual Private Gateway 開発者ガイド をご確認ください。

コンフィグパラメータ

"SoracomAir":{
    "useVpg": true | false, // 機能自体のオンオフ、デフォルトはfalse
    "vpgId": "string", // VPG IDを指定します
}

設定例

[
  {
    "key": "useVpg",
    "value": true
  },
  {
    "key": "vpgId",
    "value": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx"
  }
]