Soracom

Users

ドキュメント

デバイスへの疎通を確認する (ping 送信)

オンラインの IoT SIM を利用するデバイスに対して、SORACOM プラットフォームから ping を送信できます。デバイスへの疎通確認や、ping レベルの簡易的な死活監視に利用できます。

  • IoT SIM を利用するデバイスが ICMP に対応している場合のみ使用できます。
  • IoT SIM のセッションが「オンライン」の場合のみ使用できます。セッションを確認する操作については、IoT SIM の通信状況 (セッション) を確認する を参照してください。
  • ping 送信で発生するデータ通信については、対象のサブスクリプションに応じた料金が発生します。
  1. ユーザーコンソール にログインし、ping を送信する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s の IoT SIM に ping を送信する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. ping を送信する IoT SIM にチェックを入れ、[操作][Ping を送信] の順にクリックします。

  4. [PING 送信回数][タイムアウト] を設定して、[ping を送信] をクリックします。

    Ping 送信回数の上限は 5 回、タイムアウトの上限は 3 秒です。

    [ping の結果] に表示される内容は、以下のとおりです。

     5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 4004ms
    rtt min/avg/max/mdev = 43.191/55.690/99.314/21.831 ms
    
    項目説明
    1 行目ping の実行結果の統計情報です。送信したパケット数 (5 packets transmitted)、受信数 (5 received)、損失割合 (0% packet loss)、実行時間 (time 4004ms) を表します。
    2 行目通信速度の統計です。応答時間の最小値 (43.191) / 平均値 (55.690) / 最大値 (99.314) / 標準偏差 (21.831) を表します。

    セッションが「オンライン」でも、ping の送信に失敗している例:

    5 packets transmitted, 0 received, 100% packet loss, time 0ms
    

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、デバイスに ping を送信できます。

  • SORACOM CLI を利用するには、あらかじめ SORACOM CLI をインストールし、認証情報を保存してください。詳しくは、SORACOM CLI をインストールする を参照してください。
  • SIM ID は、soracom sims list (Sim:listSims API) で取得できます。

soracom sims downlink-ping (Sim:simDownlinkPingToUserEquipment API) を使用します。

$ soracom sims downlink-ping --sim-id ${sim_id} \
--number-of-ping-requests 5 --timeout-seconds 2

Sim:simDownlinkPingToUserEquipment API を使用します。

$ curl -v -X POST "https://api.soracom.io/v1/sims/${sim_id}/downlink/ping" \
-H "X-Soracom-API-Key: ${X_SORACOM_API_KEY}" \
-H "X-Soracom-Token: ${X_SORACOM_TOKEN}" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '{
  "numberOfPingRequests": 5,
  "timeoutSeconds": 2
}'