Soracom

Users

ドキュメント

セカンダリサブスクリプション

セカンダリサブスクリプションは、プライマリサブスクリプションに追加して利用する サブスクリプション のことです。具体的には、以下の (1) と (2) の総称です。

セカンダリサブスクリプション説明
(1) サブスクリプションコンテナに対応する IoT SIM (plan01s) に追加した 追加サブスクリプション (例: planP1、planX3)追加サブスクリプションは、「特定の国や地域に、より最適化されたサブスクリプション」です。
(2) バーチャル SIM/SubscriberSORACOM IoT ストアやユーザーコンソールで 単体で購入するサブスクリプション (例: plan01s、planX3、plan-D) に 追加したバーチャル SIM/Subscriber (SORACOM Arc)

単体で購入するサブスクリプションごとに、追加サブスクリプションやバーチャル SIM/Subscriber が追加できるかどうかは、以下の表のとおりです。たとえば、plan01s には、追加サブスクリプションも、バーチャル SIM/Subscriber も追加できます。また、単体で購入した planX3 には、バーチャル SIM/Subscriber のみ追加できます。

単体で購入するサブスクリプション追加サブスクリプションの追加バーチャル SIM/Subscriber
plan01s
plan01s - Low Data Volume-
planX3 X3-5MB-
plan-D D-300MBplan-D (バンドルなし)-
plan-K-
plan-KM1-
plan-DU-
plan-K2 K2-300MB-

✓: 追加できる。-: 追加できない。

セカンダリサブスクリプションを操作するには

セカンダリサブスクリプションを操作する場合は、サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面 を利用してください。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合
  • SORACOM CLI を利用する場合は、soracom sims {command} を使用します。soracom subscribers {command} を使用しないでください。
  • SORACOM API を利用する場合は、Sim API を使用します。Subscriber API を使用しないでください。

セカンダリサブスクリプションに対して実行できる操作 / 実行できない操作

セカンダリサブスクリプションに対して実行できる操作と、実行できない操作は以下のとおりです。実行できる操作の場合は、セカンダリサブスクリプションの IMSI を指定して実行します。

操作追加サブスクリプションバーチャル SIM/Subscriber
SORACOM Peek for SIM の利用
デバイスへの疎通確認 (ping 送信)
セッションのリセット-
解約-
付加情報 (タグ) の設定--(*1)
IoT SIM のステータスの変更--(*1)
解約プロテクションの設定--(*1)
有効期限の設定--(*1)
IoT SIM の速度クラスの変更--(*1)
IMEI ロックの設定--(*1)
SIM グループの設定--(*1)
バーチャル SIM/Subscriber の追加--(*2)

✓: 実行できる。-: 実行できない。

  • (*1) プライマリサブスクリプションを指定して実行すると、設定を変更できます。セカンダリサブスクリプションの設定は、プライマリサブスクリプションの設定と同期されます。
  • (*2) プライマリサブスクリプションを指定して実行すると、バーチャル SIM/Subscriber を追加できます。セカンダリサブスクリプションに対して、バーチャル SIM/Subscriber を追加することはできません。

SORACOM プラットフォームでの IMSI の利用について

SORACOM プラットフォームでは、デバイスを特定するキーとして IMSI を利用しています。たとえば、Beam / Endorse / Funnel / Funk / Harvest Data など、一部のサービスでは、IMSI を指定してサービスを利用したり、IMSI をキーにしてデバイスを特定したりします。

セカンダリサブスクリプションを追加すると、1 つの IoT SIM に複数の IMSI が保存されるため、一般的にはデバイスを特定するキーとして IMSI を利用できなくなると考えられます。しかし、SORACOM プラットフォームでは、追加サブスクリプションを利用している場合でも、常にプライマリサブスクリプション (plan01s など) の IMSI を使用してデバイスを特定します。追加サブスクリプションの IMSI は使用しません。

例:

サービス説明
Beam[IMSI ヘッダ][IMSI 付与] を ON にして、追加サブスクリプションで通信した場合、プライマリサブスクリプションの IMSI が付与されます。この IMSI を、デバイスを特定するキーとして利用できます。
Harvest Data追加サブスクリプションの通信を利用して Harvest Data にデータを送信した場合、プライマリサブスクリプションの IMSI から送信されたデータとして Harvest Data に蓄積されます。