Soracom

Users

ドキュメント

他社の SIM と SMS を送受信する

デバイスと SMS を送受信できる対象は、IoT SIM のサブスクリプションによって異なります。SMS の観点でサブスクリプションを分類すると、以下のグループに分類できます。

グループ主な特徴サブスクリプション
グループ ASORACOM プラットフォームと SMS を送受信できるplan01s、plan01s - Low Data Volume、planP1、planX1、planX2、planX3、plan-K2 K2-300MB
グループ B他社の SIM と SMS を送受信できるplan-D (SMS あり)、plan-K
グループ CSMS を送信できないplan-D (データ通信のみ)、plan-KM1、plan-DU

このページでは、グループ B の IoT SIM で利用できる機能を説明します。

IoT SIM とデバイスの両方が SMS の送受信に対応する必要があります

これ以降の説明では、説明を簡単にするために、IoT SIM が単体で SMS を送受信するかのように説明しているところがあります。しかし、実際は IoT SIM を利用しているデバイスが SMS を送受信します。たとえば、SMS の送受信に対応している IoT SIM を利用しても、デバイスが SMS の送受信に対応していない場合は、SMS は送受信できません。

plan-K では SMS を送受信できない場合があります
  • plan-K の IoT SIM には、MSISDN として 8120 で始まる番号 (いわゆる電話番号は、8120 から国番号 81 を除き、先頭に 0 を加えたもの = 020。以下、020 番号) が付与されます。総務省が M2M 等専用番号の創設 で広報しているとおり、020 番号で提供できるサービスの範囲には制限があります。ソラコムは、その制限に従ってサービスを提供しているため、plan-K では SMS を受信できない場合があります。
  • plan-K の IoT SIM を利用するデバイスで SMS を送受信する場合は、デバイスが VoLTE に対応している必要があります。デバイスが、KDDI のデータ通信を利用できることだけでなく、KDDI の SMS を利用できることも確認してください。

各サブスクリプションの SMS に関する主な特徴について詳しくは、SMS を利用できる SORACOM IoT SIM はどれですか? を参照してください。

グループ B の IoT SIM で利用できる機能

グループ B の IoT SIM を利用するデバイスでは、他社の SIM と SMS を送受信できます。具体的には、以下のように SMS を送受信できます。

送信元受信先
グループ B の IoT SIMグループ B の IoT SIM
グループ B の IoT SIM他社の SIM
他社の SIMグループ B の IoT SIM
  • グループ A の IoT SIM とグループ B の IoT SIM の間では、SMS を送受信できません。
  • グループ B の IoT SIM と SMS を送受信する際の電話番号は、IoT SIM の MSISDN です。MSISDN は、SORACOM ユーザーコンソールなどを参照してください。詳しくは、IoT SIM の情報を確認 / 検索する を参照してください。