Soracom

Users

ドキュメント

IoT SIM の有効期限とアクションを設定する

IoT SIM に有効期限 (日時) を設定して、有効期限を過ぎた瞬間のアクションを設定できます。有効期限を過ぎた後は、新規 セッション は確立できません。たとえば、期間限定で IoT SIM を利用する場合に便利な機能です。

新しい SIM 管理画面を使用してください

特に セカンダリサブスクライバー を利用する場合は、サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面 を使用してください。従来の SIM 管理画面 では、利用できない機能があります。

  1. ユーザーコンソール にログインし、有効期限を設定する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s の IoT SIM の有効期限を設定する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. 有効期限を設定する IoT SIM にチェックを入れ、[操作][有効期限変更] の順にクリックします。

    SIM 有効期限変更画面が表示されます。

    SIM 管理画面で IoT SIM の有効期限にマウスカーソルを合わせて、鉛筆アイコンをクリックしても、SIM 有効期限変更画面が表示されます。

  4. [期限切れ時のアクション] で以下のいずれかを選択し、有効期限 (日時) を設定して、[有効期限を変更する] をクリックします。

    項目有効期限が過ぎた瞬間の動作有効期限が過ぎた後の動作備考
    有効期限をクリア--有効期限が「未指定」に戻ります。このときは有効期限 (日時) は設定しません。
    保留セッションは維持されます。一度セッションが切断されると、新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定するとセッションを確立できるようになります。
    セッション切断セッションが切断されます。新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定するとセッションを確立できるようになります。
    休止セッションが切断され、ステータスが「休止中 (inactive)」に変更されます。新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定し、ステータスを「使用中 (active)」に変更する とセッションを確立できるようになります。
    利用中断セッションが切断され、ステータスが「利用中断中 (suspended)」に変更されます。新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定し、ステータスを「使用中 (active)」に変更する とセッションを確立できるようになります。サブスクリプションによっては、ステータスを変更するときに料金が発生する場合があります。
    解約IoT SIM が解約されます。-あらかじめ 解約プロテクションを解除 してください。[解約] に設定後、解約プロテクションを有効化しても、有効期限が過ぎた瞬間に解約されます。

有効期限を過ぎると、有効期限が赤い文字で表示されます。

有効期限を過ぎたときの表示 有効期限を過ぎたときの表示

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、IoT SIM の有効期限とアクションを設定できます。

  • SORACOM CLI を利用するには、あらかじめ SORACOM CLI をインストールし、認証情報を保存してください。詳しくは、SORACOM CLI をインストールする を参照してください。
  • SIM ID は、soracom sims list (Sim:listSims API) で取得できます。

有効期限とアクションを設定する

soracom sims set-expiry-time (Sim:setSimExpiryTime API) を使用します。

$ soracom sims set-expiry-time --sim-id ${sim_id} \
--expiry-action deactivate --expiry-time 1893423600000

有効期限を解除する

soracom sims unset-expiry-time (Sim:unsetSimExpiryTime API) を使用します。

$ soracom sims unset-expiry-time --sim-id ${sim_id}

有効期限とアクションを設定する

Sim:setSimExpiryTime API を使用します。

$ curl -v -X GET https://api.soracom.io/v1/sims/${sim_id}/set_expiry_time \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '{
  "expiryAction": "deactivate",
  "expiryTime": 1893423600000
}'

有効期限を解除する

Sim:unsetSimExpiryTime API を使用します。

$ curl -v -X GET https://api.soracom.io/v1/sims/${sim_id}/unset_expiry_time \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN"