Soracom

Users

ドキュメント

IoT SIM の有効期限とアクションを設定する

IoT SIM に有効期限 (日時) を設定して、有効期限を過ぎた瞬間のアクションを設定できます。有効期限を過ぎた後は、新規 セッション は確立できません。たとえば、期間限定で IoT SIM を利用する場合に便利な機能です。

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインし、有効期限を設定する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s の IoT SIM の有効期限を設定する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. 有効期限を設定する IoT SIM にチェックを入れ、[操作][有効期限変更] の順にクリックします。

    SIM 有効期限変更画面が表示されます。

    SIM 管理画面で IoT SIM の有効期限にマウスカーソルを合わせて、鉛筆アイコンをクリックしても、SIM 有効期限変更画面が表示されます。

  3. [期限切れ時のアクション] で以下のいずれかを選択し、有効期限 (日時) を設定して、[有効期限を変更する] をクリックします。

    項目有効期限が過ぎた瞬間の動作有効期限が過ぎた後の動作備考
    [有効期限をクリア]--有効期限が「未指定」に戻ります。このときは有効期限 (日時) は設定しません。
    [保留]セッションは維持されます。一度セッションが切断されると、新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定するとセッションを確立できるようになります。
    [セッション切断]セッションが切断されます。新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定するとセッションを確立できるようになります。
    [休止]セッションが切断され、ステータスが「休止中 (inactive)」に変更されます。新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定し、ステータスを「使用中 (active)」に変更する とセッションを確立できるようになります。
    [利用中断]セッションが切断され、ステータスが「利用中断中 (suspended)」に変更されます。新規セッションは確立できません。有効期限が過ぎた後に、有効期限を再設定し、ステータスを「使用中 (active)」に変更する とセッションを確立できるようになります。サブスクリプションによっては、ステータスを変更するときに料金が発生する場合があります。
    [解約]IoT SIM が解約されます。-あらかじめ 解約プロテクションを解除 してください。[解約] に設定後、解約プロテクションを有効化しても、有効期限が過ぎた瞬間に解約されます。

有効期限を過ぎると、有効期限が赤い文字で表示されます。

有効期限を過ぎたときの表示 有効期限を過ぎたときの表示

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、IoT SIM の有効期限とアクションを設定できます。

  • SORACOM CLI を利用するには、あらかじめ SORACOM CLI をインストールし、認証情報を保存してください。詳しくは、SORACOM CLI をインストールする を参照してください。
  • SIM ID は、soracom sims list (Sim:listSims API) で取得できます。

有効期限とアクションを設定する

soracom sims set-expiry-time (Sim:setSimExpiryTime API) を使用します。

$ soracom sims set-expiry-time --sim-id ${sim_id} \
--expiry-action deactivate --expiry-time 1893423600000

有効期限を解除する

soracom sims unset-expiry-time (Sim:unsetSimExpiryTime API) を使用します。

$ soracom sims unset-expiry-time --sim-id ${sim_id}

有効期限とアクションを設定する

Sim:setSimExpiryTime API を使用します。

$ curl -v -X GET https://api.soracom.io/v1/sims/${sim_id}/set_expiry_time \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '{
  "expiryAction": "deactivate",
  "expiryTime": 1893423600000
}'

有効期限を解除する

Sim:unsetSimExpiryTime API を使用します。

$ curl -v -X GET https://api.soracom.io/v1/sims/${sim_id}/unset_expiry_time \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN"