Soracom

Users

ドキュメント

IoT SIM の速度クラスを変更する

速度クラスを変更して、IoT SIM の通信速度 (上限) を設定できます。通信速度 (上限) を設定すると、IoT SIM が意図せずに大量のデータ通信をすることを抑止できます。

サブスクリプションによっては速度クラスごとにデータ通信料金が異なります

各サブスクリプションで選択できる速度クラスや料金については、SORACOM IoT SIM のご利用料金 および ご利用料金 - 特定地域向け IoT SIM を参照してください。

新しい SIM 管理画面を使用してください

特に セカンダリサブスクライバー を利用する場合は、サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面 を使用してください。従来の SIM 管理画面 では、利用できない機能があります。

SORACOM Arc の バーチャル SIM/Subscriber の速度クラスは変更できません。

速度クラスの初期設定について

速度クラスの初期設定は、サブスクリプションによって異なります。なお、速度クラスごとの通信速度や通信料金については、サブスクリプションの説明ページを参照してください。

サブスクリプション初期設定
plan01ss1.4xfast
plan01s - Low Data Volumes1.4xfast
planX3 X3-5MBs1.4xfast
planP1s1.4xfast
plan-D D-300MBs1.4xfast
plan-D (バンドルなし)s1.standard
plan-K2 K2-300MBs1.4xfast
plan-DUu1.standard
plan-KM1t1.standard (*1)
plan-Ks1.standard
  • (*1) plan-KM1 の速度クラスは t1.standard のみです。変更できません。
  1. ユーザーコンソール にログインし、速度クラスを変更する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s の IoT SIM の速度クラスを変更する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. 速度クラスを変更する IoT SIM にチェックを入れ、[操作][速度クラス変更] の順にクリックします。

    速度クラス変更画面が表示されます。

  4. [変更後の速度クラス] で速度クラスを選択し、[速度クラスを変更する] をクリックします。

    IoT SIM の速度クラスが変更されます。デバイスの操作は必要ありません。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、IoT SIM の速度クラスを変更できます。詳しくは、IoT SIM の速度クラスを変更する を参照してください。