Soracom

Users

ドキュメント

サブスクリプションコンテナを使用する

サブスクリプションコンテナ に対応した以下の IoT SIM は、1 つの IoT SIM に複数の 追加サブスクリプション を保存できます。IoT SIM に「特定の国や地域に、より最適化したサブスクリプション」を追加することで、その国や地域で、よりリーズナブルなデータ通信料金を利用したり、追加の通信キャリアを利用したりできます。

サブスクリプション コンテナ サブスクリプション コンテナ

サブスクリプションを追加すると料金が変わります

詳しくは、料金について を参照してください。

追加サブスクリプションについて

追加サブスクリプションの配信について

追加サブスクリプションは、OTA (Over The Air) で送信されます。具体的には、サブスクリプションに含まれる情報 (IMSI や認証キーなど) が SMS で送信されます。なお、この SMS 送信には料金が発生しません。

サブスクリプションコンテナ サブスクリプションコンテナ

OTA 開始後の追加サブスクリプションのステータスについて

OTA 開始後の追加サブスクリプションのステータスは、SIM 管理画面の [サブスクリプション] 欄の 2 行目に表示されます。

ステータスが (shipped) の例:

OTA時のステータス OTA時のステータス

ステータス説明
(shipped)OTA の準備ができました。SORACOM プラットフォームに セッション が確立または更新されたタイミングで OTA が始まります。
(ready)追加サブスクリプションが IoT SIM に保存されました。
非表示 (active)追加サブスクリプションによるネットワーク接続が確認できました。

デバイスの要件

追加サブスクリプションを OTA で受信するには、デバイスが以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • SMS (SMS MO/SMS MT) に対応している
  • STK (SIM Tool Kit) commands に対応している
  • デバイスを利用する国または地域での通信に必要な認証を受けている
  • 現在のサブスクリプションが対応している通信キャリアの周波数帯に対応している
現在のサブスクリプションが対応している通信キャリアに接続する必要があります

追加サブスクリプションの配信を受けるには、現在のサブスクリプションが対応している通信キャリアに接続する必要があります。

たとえば、現在のサブスクリプションが plan01s で planP1 を追加する場合は、plan01s が利用する通信キャリア (*1) に接続する必要があります。また、現在のサブスクリプションが planP1 で planX2 を追加する場合は、planP1 が利用する通信キャリア (*2) に接続する必要があります。

  • (*1) 日本国内の場合は、NTT ドコモ (3G/4G) またはソフトバンク (3G/4G) です。
  • (*2) 日本国内の場合は、ソフトバンク (3G/4G) です。
ソラコムによる動作検証済みデバイス

ソラコムによる動作検証済みデバイスは以下のとおりです。サブスクリプションコンテナを利用する場合は、プライマリサブスクリプション と追加サブスクリプションの両方に対応しているデバイスを使用してください。

モジュール

日本国内で動作確認済みの通信モジュール一覧

ドングル

デバイス動作検証済みサブスクリプション
SORACOM Onyx LTE USB ドングル SC-QGLC4-C1plan01s、planP1、planX1、planX2、planX3 で動作を確認しています。
GreenHouse GH-UDG-MCLTECplan01s、planX1、planX2 で動作を確認しています。planP1、planX3 には対応していません。
Huawei MS2372h-607plan01s、planP1、planX1 で動作を確認しています。planX2、planX3 には対応していません。

適用されるサブスクリプションについて

追加サブスクリプションが保存されている場合は、利用する国と地域に関わらず、planX3 > planX2 > planX1 > planP1 > plan01s の順に適用されます (planX3 が最優先で適用されます)。

  • 利用する国と地域以外の情報 (データ通信料金、電波状況など) は考慮されません。
  • planX3 を追加すると、plan01s が無効化されます。ただし、Canada、China では、plan01s が適用されます。詳しくは、以下の「例 2: planX3 のみを保存した場合」を参照してください。
  • planX3 と planP1 を追加すると、plan01s が無効化されます。ただし、Canada では、plan01s が適用されます。詳しくは、以下の「例 3: すべての追加サブスクリプションを保存した場合」を参照してください。

以下の図は、代表的な国と地域 (Brazil、Canada など) で、サブスクリプションが適用される順序を示しています。図で上に配置されているサブスクリプションが優先的に適用されることを表します。

追加サブスクリプションの適用例

例 1: planP1 のみを保存した場合

planP1 のみを保存した場合は、以下の図のように、色がついているサブスクリプションが適用されます。

例 1 の図は次のように読みます。

  • Brazil、Canada、United States など、plan01s が利用できて planP1 が利用できない国と地域では、plan01s が適用されます。
  • China、Myanmar、Australia、日本国内、Laos など、planP1 が利用できる国と地域では、planP1 が適用されます。
  • Botswana など、plan01s も planP1 も利用できない国と地域では、通信できません。

例 2: planX3 のみを保存した場合

planX3 のみを保存した場合は、以下の図のように、色がついているサブスクリプションが適用されます。例 2 はすこし特殊で、Canada、China 以外の国と地域では、plan01s は適用されず、通信できなくなります。

例 2 の図は次のように読みます。

  • Brazil、Myanmar など、plan01s が利用できて planX3 が利用できない国と地域では、plan01s が適用されず、通信できません。 ただし、Canada、China に限り、plan01s が適用され、通信できます。
  • Australia、日本国内、United States、Botswana など、planX3 が利用できる国と地域では、planX3 が適用されます。
  • Laos など、plan01s も planX3 も利用できない国と地域では、通信できません。

例 3: すべての追加サブスクリプションを保存した場合

すべての追加サブスクリプションを保存した場合は、以下の図のように、色がついているサブスクリプションが適用されます。planX3 と planP1 を追加した場合もすこし特殊で、Canada 以外の国と地域では、plan01s は適用されません。

例 3 の図は次のように読みます。

  • Brazil など、plan01s が利用できて planX3 および planP1 が利用できない国と地域では、plan01s が適用されず、通信できません。 ただし、Canada に限り、plan01s が適用され、通信できます。
  • China、Myanmar など、planP1 が利用できて planX3 が利用できない国と地域では、planP1 が適用されます。
  • Australia、日本国内、United States、Botswana など、planX3 が利用できる国と地域では、planX3 が適用されます。
  • Laos など、planP1 が利用できる国と地域では、planP1 が適用されます。
planX1、planX2、planX3 を同時に保存しないでください

同時に追加すると planX1、planX2 の月額料金は発生しますが、利用地域に関わらず planX1、planX2 が適用されることはありません。なお、追加サブスクリプション (たとえば、planX1) だけを解約することはできません。詳しくは、以下の「追加サブスクリプションだけを解約することはできません」を参照してください。

追加サブスクリプションだけを解約することはできません

誤って追加サブスクリプションを契約してしまった場合は、一度 IoT SIM を解約し、あらためて IoT SIM を契約してください。その後、デバイスを継続して利用する場合は、以下の点に注意してください。

  • デバイスの電源を切り、IoT SIM を差し替える必要があります。
  • SIM ID が変わるため、SORACOM ユーザーコンソールで、IoT SIM の設定をやり直す必要があります。
デバイスが、デバイスを利用する国または地域での通信に必要な認証を受けていることを確認してください
  • 日本国内で通信する場合は、デバイスが技術基準適合証明等 (技適) を受けていることを確認します。
  • 日本国外での通信に必要な認証については、お客様ご自身でご確認ください。
デバイスが、追加サブスクリプションが対応している通信キャリアの周波数帯に対応していることを確認してください

追加サブスクリプションが対応している通信キャリアは、国と地域によって異なります。以下のページを参照してください。

たとえば日本国内では、planP1 はソフトバンク、planX2 は KDDI を利用します。デバイスが KDDI の周波数帯に対応してない場合は、planX2 を追加すると日本国内ではデータ通信ができなくなります。

なお、日本国外の通信キャリアの周波数帯については、お客様ご自身で確認してください。

サブスクリプションの切り替えは、IoT SIM 内のサブスクリプションコンテナエンジンによって自動的に行われます。デバイスの再起動やセッションの再接続は必要ありません。また、任意のサブスクリプションを選択することはできません。

料金について

追加サブスクリプションを利用する際は、以下の料金が発生します。料金について詳しくは、planP1planX1planX2planX3 の料金表を参照してください。

項目説明
サブスクリプション追加費用追加サブスクリプション (planP1、planX1、planX2、planX3) のサブスクリプション追加費用 (1 回) が発生します。
プライマリサブスクリプションの基本料金プライマリサブスクリプション (plan01s など) の基本料金 (月額) は、無料になります。
追加サブスクリプションの利用料金追加サブスクリプション (planP1、planX1、planX2、planX3) のサブスクリプション利用料金 (月額) が発生します。
データ通信料金

サブスクリプション、ご利用の国と地域、および利用する通信キャリアによって異なります。詳しくは、以下のページを参照してください。

なお、plan01s が優先される国と地域で通信した際は、plan01s のデータ通信料金が課金されます。

plan01s に planX1 のみを追加して、同じ月に中国 (plan01s で通信) で 1 MiB、日本国内 (planX1 で通信) で 10 MiB 利用した場合の月額料金 (1 か月を 30 日として計算) は、以下のとおりです。

項目plan01s (中国での通信)planX1 (日本国内での通信)合計
サブスクリプション追加費用-3.0 USD (*1)3.0 USD (*1)
プライマリサブスクリプションの基本料金無料-無料
追加サブスクリプションの利用料金-1.8 USD / 月1.8 USD / 月
データ通信料金0.2 USD/MiB × 1 MiB = 0.2 USD0.02 USD/MiB × 10 MiB = 0.2 USD0.4 USD
  • (*1) サブスクリプションを追加した月に、1 回だけ請求されます。

IMSI の扱いについて

追加サブスクリプションを追加する前と同じように、プライマリサブスクリプションの IMSI をキーにしてデバイスを特定できます。具体的には、以下のようになります。

サービス説明
SORACOM Beam[IMSI ヘッダ][IMSI 付与] を ON にして、追加サブスクリプションで通信した場合、プライマリサブスクリプションの IMSI が付与されます。この IMSI を、デバイスを特定するキーとして利用できます。
SORACOM Harvest Data追加サブスクリプションの通信を利用して SORACOM Harvest Data にデータを送信した場合、プライマリサブスクリプションの IMSI から送信されたデータとして Harvest Data に蓄積されます。
SORACOM プラットフォームでの IMSI の利用について

SORACOM プラットフォームでは、デバイスを特定するキーとして IMSI を利用しています。たとえば、SORACOM Beam / Endorse / Funnel / Funk / Harvest Data など、一部のサービスでは、IMSI を指定したり、IMSI をキーにしてデバイスを特定したりします。

サブスクリプションコンテナを利用すると、1 つの IoT SIM に複数の IMSI が保存されるため、一般的にはデバイスを特定するキーとして IMSI を利用できなくなると考えられます。しかし、SORACOM プラットフォームでは、追加サブスクリプションを利用している場合でも、常にプライマリサブスクリプション (plan01s など) の IMSI を使用してデバイスを特定します。追加サブスクリプションの IMSI は使用しません。

SIM グループの設定や IoT SIM のステータスについて

IMSI に紐づく設定 (SIM グループの設定や、速度クラス、ステータス) は、プライマリサブスクリプション (plan01s など) と、追加サブスクリプション (たとえば、planP1) の間で同期されます。たとえば、plan01s の速度クラスを変更すると、追加サブスクリプションの速度クラスも同様に変更されます。追加サブスクリプションの設定のみを変更することはできません。

追加サブスクリプションを申し込む

誤って申し込んだ追加サブスクリプションだけを解約することはできません

追加サブスクリプションを申し込む前に、ここまでの説明をよく読んでください。

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインして、グローバルカバレッジが選択されていることを確認します。

    サブスクリプションの追加 サブスクリプションの追加

  2. 従来の SIM 管理画面が表示されている場合は、画面上部の[切り替える]をクリックします。

    サブスクリプションの追加 サブスクリプションの追加

    新しい SIM 管理画面が表示されます。

  3. サブスクリプションを追加する IoT SIM を選択し、[操作][サブスクリプション追加]をクリックします。

    サブスクリプションの追加 サブスクリプションの追加

  4. 追加するサブスクリプションを選択し、[追加する]をクリックします。

    サブスクリプションの追加 サブスクリプションの追加

    追加サブスクリプションの申し込みが完了し、サブスクリプション追加費用が発生します。

    なお、IoT SIM がオンラインの場合は、すぐに OTA が開始 されます。IoT SIM がオフラインの場合は、オンラインになったときに OTA が開始 されます。

    追加サブスクリプションが IoT SIM に保存されると、追加サブスクリプションが適用される国と地域に移動したときに、追加サブスクリプションが利用されます。

利用されているサブスクリプションを確認するには

現在、どのサブスクリプションが利用されているか確認するには、セッション履歴を確認 してください。最新の「Created」の行に表示されているサブスクリプションが、現在利用されているサブスクリプションです。

サブスクリプションを追加した IoT SIM の情報を確認 / 検索する

サブスクリプションを追加した IoT SIM を管理する場合は、新しい SIM 管理画面を使用してください。詳しくは、サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面を利用して検索する を参照してください。

また、サブスクリプションを追加した IoT SIM を SORACOM API で管理する場合は、Sim API を使用してください。