MENU
はじめに
Getting Started
ユーザーコンソールの操作
さまざまな機能の使い方
トラブルシューティングとサポート
リファレンス

Soracom

Users

サブスクリプションコンテナを使用する

SORACOM IoT SIM(カード型 SIM) - plan01s、SORACOM IoT SIM(チップ型) - plan01s はいずれもサブスクリプション コンテナを持っており、1 枚の SIM に複数のサブスクリプションを格納することができます。IoT SIM 内のサブスクリプションコンテナエンジンが滞在国や地域に応じて利用するサブスクリプションを自動的に最適なものに切り替えます。

SORACOM IoT SIM(カード型 SIM) - plan01sSORACOM IoT SIM(チップ型) - plan01s はいずれもサブスクリプション コンテナを持っており、1 枚の SIM に複数のサブスクリプションを格納することができます。IoT SIM 内のサブスクリプションコンテナエンジンが滞在国や地域に応じて利用するサブスクリプションを自動的に最適なものに切り替えます。

plan01s に追加できるサブスクリプションは planP1、planX1、planX2 です。

サブスクリプション コンテナ

お客様は、IoT SIM(plan01s) に特定の国や地域により最適化したサブスクリプションを追加することで、当該地域においてよりリーズナブルなデータ通信料金を利用したり、これまで対応していなかった通信キャリアのネットワークを利用したりできます。

サブスクリプション コンテナに関する用語

SIM ID

サブスクリプションとは plan01s、planP1 などの回線契約情報です。各サブスクリプションによって接続できるつながるエリアやデータ通信料金が設定されています。これを一意にする属性は IMSI(International Mobile Subscriber Identity)となります。

一方、SIM カードを物理的に識別するための識別子は ICCID(Integrated Circuit Card ID) となります。ソラコムではこれを SIM ID としています。

サブスクリプション コンテナ

プライマリサブスクライバー(PrimarySubscriber) と セカンダリサブスクライバー(SecondarySubscriber)

前述のとおり、サブスクリプションの追加は IoT SIM(plan01s) を対象にインストールされます。plan01s がベースとなるサブスクリプションであることから、plan01s をプライマリサブスクライバーと呼びます。また、planP1 や planX1、pllanX2 はセカンダリサブスクライバーと呼びます。

  • プライマリサブスクライバー(PrimarySubscriber): plan01s を指します
  • セカンダリサブスクライバー(SecondarySubscriber) : planP1 や planX1、planX2 を指します

サブスクリプションの追加

サブスクリプションの追加は、OTA(Over The Air)により行われます。 IoT SIM(plan01s) を使用してデバイスがオンラインで接続していれば SIM の場所に限らずセキュアにインストールされます。

オンラインでかつセッション情報が作成もしくは更新された場合に OTA が始まります。

OTA が開始すると、コンソール上のステータスは「shipped」になります。

OTA時のステータス

そして、配信が完了するとコンソール上のステータスが「shipped」から「ready」に遷移します。

OTA時のステータス

その後、デバイスのネットワーク接続が完了すると、SIM のステータスが「active」になります。 SIM のステータスが active(使用中)に遷移した場合、サブスクリプション名のみ表示されます。

OTA時のステータス

セッション情報については 「セッション状態」「セッション履歴」とは何ですか? をご確認ください。

サブスクリプション コンテナ

なお、サブスクリプションの追加にあたっては、OTA のご利用が可能な デバイス要件 および 制限事項 をご確認ください。

サブスクリプションの追加は、ユーザーコンソールからプライマリ IMSI(plan01s の SIM)を選択して、[サブスクリプションの追加]を実行するだけで追加できます。 ソラコムプラットフォームはサブスクリプションに含まれる情報 (IMSI や認証キーなど)をサブスクリプションコンテナに SMS 送信します。(当 SMS に料金は発生しません。 サブスクリプション追加費用 に含まれます。)

デバイスがサブスクリプションを受信すると自動的にサブスクリプション コンテナに追加されます。SIM アプレットは、デバイスが現在、新しいサブスクリプションでサポートされている国にあるかどうかをチェックし、サポート対象の場合は、サブスクリプションを自動的に切り替えます。 デバイスの再起動やセッション再接続をおこなう必要はありません。

SIM ステータスやグループ設定

サブスクリプション コンテナを利用すると物理的には 1 枚の SIM に複数の IMSI が格納されることになります。

ソラコムの各種サービス(SORACOM Beam / SORACOM Endorse / SORACOM Funnel / SORACOM Funk / SORACOM Harvest など)では、IMSI を指定したり、IMSI をキーにして IoT デバイスの特定を行ったりしています。 セカンダリ IMSI(追加されたサブスクリプションである planP1、planX1)を利用した通信の場合、ソラコムが内部的にプライマリ IMSI(plan01s の IMSI)を検出し、この IMSI を使用してデバイスを特定します。

具体的には、以下のようになります。

  • Beam のヘッダーに IMSI を付与設定を ON にしてセカンダリ IMSI(例えば planP1)で通信した場合、Beam ヘッダーにはプライマリ IMSI(plan01s の IMSI)が付与されます。
  • セカンダリ IMSI(例えば planX1)の通信を利用して Harvest にデータを送信した場合、プライマリ IMSI(plan01s の IMSI)として Harvest に蓄積されます。

お客様はいずれのサブクスリプションをご利用でも、プライマリ IMSI(plan01s の IMSI)によりデバイスを特定することができます。

SIM グループの設定や速度クラス等の設定、SIM のステータスは plan01s の IMSI と追加のサブスクリプションの IMSI 間で同期されます。たとえば、plan01s の速度クラスを変更した場合、追加のサブスクリプションにも適用されます。追加したサブスクリプションからの変更はできません。

優先されるサブスクリプション

複数のサブスクリプションがインストールされ、複数のサブスクリプションで利用できるエリアで利用する場合、もっともデータ通信料金が有利なサブスクリプションが自動的に適用されます。

たとえば、plan01s に planX1 と planP1 の両方を追加した場合、日本においては planX1 が優先されます。この場合、日本においては planP1 は使用できませんのでご注意ください。

ご利用の地域と優先されるサブスクリプションは以下のとおりです。

ご利用の地域
追加済みサブスクリプションアジア・パシフィック日本その他の国と地域
plan01splan01splan01splan01s
plan01s + planP1planP1planP1plan01s
plan01s + planX1plan01splanX1plan01s
plan01s + planX2plan01splanX2plan01s
plan01s + planP1 + planX1planP1planX1plan01s
plan01s + planP1 + planX2planP1planX2plan01s
plan01s + planP1 + planX1 + planX2planP1planX2plan01s

ご利用にあたっては、デバイスがご利用の国の認証、周波数に対応していることをご確認ください。日本においては、plan01s はドコモ、planP1 は SoftBank、planX1 および planX2 は KDDI に対応している必要があります。 planP1 の各国で接続可能な通信キャリアは こちら をご確認ください。

サブスクリプションの追加の操作

サブスクリプション追加の手順は以下のとおりです。

  1. ソラコムの ユーザーコンソール にアクセスします。グローバルカバレッジであることを確認してください。

    サブスクリプションの追加

  2. サブスクリプションの追加は「新しい SIM 管理画面」から行うことができます。「切り替える」をクリックしてください。

    サブスクリプションの追加

  3. 次に対象の SIM を選択し「サブスクリプション追加」をクリックします。

    サブスクリプションの追加

  4. 追加するサブスクリプションを選択し、「追加する」をクリックしてください。

    サブスクリプションの追加

これ以降、plan01s のセッション情報が作成もしくは更新されたタイミングで OTA が始まります。セッション情報については セッション状態」「セッション履歴」とは何ですか? のご確認ください。

OTA の要件

サブスクリプションを追加する場合、デバイスが以下の要件を満たしていることをご確認ください。

  • SMS MO/MT に対応していること
  • STK(SIM Tool Kit) commands に対応していること
  • plan01s で利用しているデバイスがご利用の国の認証、周波数に対応していること(日本でサブスクリプションの追加を行う場合、plan01s が利用する NTT ドコモ 3G もしくは LTE 網に接続可能であることが必要です。)

当社による動作検証済みデバイスは以下のとおりです。

モジュール

  • Quectel EC21-J (plan01s、planX1、planX2、planP1 で動作を確認しています。)
  • Quectel EC25-J (plan01s、planX1、planP1 で動作を確認しています。)
  • Quectel UG96 (plan01s、planP1 で動作を確認しています。planX1 には対応していません。)
  • Thales DIS MV31-W(5G/LTE、planX2 で動作を確認しています。)

ドングル

なお、追加するサブスクリプションが利用する周波数に対応していることも合わせてご確認ください。 日本においては、planP1 は SoftBank、planX1 は KDDI を利用します。たとえば、デバイスが KDDI 回線に対応してない場合、planX1 を追加することはできますが planX1 を利用できないことになります。

planP1 の各国で接続可能な通信キャリアは こちら をご確認ください。

料金の考え方

サブスクリプションを追加した SIM は、plan01s の基本料金(月額)は非課金となり追加したサブスクリプション (planP1、planX1、planX2) の月額利用料金が課金されます。plan01s が優先される国、設定で通信した際は plan01s のデータ通信料金が課金されます。

例: planX1 を追加した SIM を、同じ月に中国で 1 MiB (plan01s で通信)、日本で 10 MiB (planX1 で通信) 利用した場合 (1 ヶ月を 30 日として計算)

基本料金/サブスクリプション利用料金データ通信料金
plan01s0 USD0.2 USD/MiB × 1 MiB = 0.2 USD
(中国での通信)
planX11.8 USD0.02 USD/MiB × 10 MiB = 0.2 USD
(日本での通信)
合計1.8 USD0.4 USD