Soracom

Users

ドキュメント

soratun でセルラー回線認証を使用してバーチャル SIM/Subscriber をブートストラップする

デバイスにインストールした soratun を使ってバーチャル SIM/Subscriber を作成し、SORACOM プラットフォームへ接続します。soratun については、soratun の概要と機能 を参照してください。

ここでは、soratun がサポートする 3 種類のブートストラップ方法 のうち、SORACOM Air for セルラーのセルラー回線認証を使用する方法 を説明します。

この方法では、セルラー接続を認証の手段とするため、ほかのブートストラップ方法と比べて、以下の特徴があります。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) デバイスを用意する

soratunサポート対象プラットフォーム を利用するデバイスを用意します。ここでは、Raspberry Pi を想定しています。

(2) デバイスで SORACOM Air for セルラーを利用して SORACOM プラットフォームにアクセスする

デバイスから SORACOM プラットフォームにアクセスできることを確認してください。SORACOM プラットフォームでは、IoT SIM を利用するデバイスから SORACOM プラットフォームへ到達できることを確認するために、PING 応答サービス を提供しています。

(3) デバイスをインターネットに接続する

Air 以外の方法 (例: Wi-Fi) で、デバイスをインターネットに接続します。この時点では、SORACOM プラットフォームに接続する際は、Air が利用され、SORACOM プラットフォーム以外に接続する際は、Air 以外の方法が利用されていることを想定しています。

(4) デバイスに soratun をインストールする

デバイスに、soratun をインストールします

準備完了

ステップ 1: SORACOM Krypton を有効化する

デバイスで利用する IoT SIM に対して、Krypton を有効化します。詳しくは、SORACOM Krypton を有効化する を参照してください。

Krypton に Amazon Cognito や AWS IoT の設定を追加しないでください

ここでは Krypton の有効化 (スイッチをクリックして「ON」にする) のみを行います。Amazon Cognito や AWS IoT の設定を追加しないでください。

ステップ 2: ブートストラップする

ブートストラップが完了すると、Krypton および Arc の料金が発生します。詳しくは、以下のページを参照してください。

ブートストラップ時に使用されている IoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber が追加されます。すでにバーチャル SIM/Subscriber が追加されている場合は、この手順を複数回実行しても新しいバーチャル SIM/Subscriber は追加されません。

以下のコマンドを実行して、SORACOM Krypton のセルラー回線認証を使用する方法でブートストラップします。

--config フラグのあとに指定する soratun 設定ファイルのパス (/path/to/arc.json) は、任意のパスを指定してください。

$ soratun bootstrap cellular --config /path/to/arc.json

ブートストラップが完了すると、soratun 設定ファイルが作成され、ファイルのパスが表示されます。

Created/updated configuration file: /path/to/arc.json

soratun 設定ファイルについて詳しくは、soratun 設定ファイルリファレンス を参照してください。

ブートストラップは完了していますが WireGuard インターフェースは作成されていません

続けて、WireGuard インターフェースを作成して、SORACOM プラットフォームにアクセスします。詳しくは、ステップ 3: SORACOM プラットフォームにアクセスする を参照してください。

ステップ 3: SORACOM プラットフォームにアクセスする

soratun で WireGuard インターフェースを作成すると、SORACOM プラットフォームにアクセスできます。詳しくは、以下のページを参照してください。

再度セルラー回線認証を使用してブートストラップする

以下のようなときは再度ブートストラップする必要があります。

ステップ 2: ブートストラップする 以降の手順を行ってください。