Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM ユーザーコンソールでバーチャル SIM/Subscriber を作成して soratun で接続する

ユーザーコンソールでバーチャル SIM/Subscriber を作成し、soratun で WireGuard インターフェースを作成して SORACOM プラットフォームに接続します。soratun について詳しくは、soratun の概要と機能 を参照してください。

ユーザーコンソールで セカンダリサブスクリプション のバーチャル SIM/Subscriber を作成する操作については、セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成する を参照してください。

操作を始める前に準備が必要です (クリックして確認してください)

(1) デバイスを用意する

soratunサポート対象プラットフォーム を利用するデバイスを用意します。ここでは、Linux を想定しています。

(2) デバイスをインターネットに接続する

SORACOM Air 以外の方法で、デバイスをインターネットに接続します。

準備完了

ステップ 1: バーチャル SIM/Subscriber を作成する

ユーザーコンソールでバーチャル SIM/Subscriber を作成 してください。以下のどちらのバーチャル SIM/Subscriber を作成しても構いません。

  • プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber
  • セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber

バーチャル SIM/Subscriber の機能を体験するには、プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成することを推奨します。

ユーザーコンソールを使用せずにバーチャル SIM/Subscriber を作成することもできます

ステップ 2: デバイスに soratun をインストールする

デバイスに soratun をインストールします

ステップ 3: soratun に WireGuard の接続情報を設定する

soratun を使用して SORACOM プラットフォームに接続するために、ステップ 1: バーチャル SIM/Subscriber を作成する で表示された WireGuard の接続情報から、soratun 設定ファイルを作成します。詳しくは、WireGuard の設定ファイルから soratun 設定ファイルを作成する を参照してください。

ステップ 4: soratun で WireGuard インターフェースを作成する

soratun で WireGuard インターフェースを作成します。詳しくは、soratun で WireGuard インターフェースを作成 / 更新する を参照してください。

ステップ 5: SORACOM プラットフォームにアクセスする

バーチャル SIM/Subscriber による WireGuard インターフェースを経由すると、SORACOM プラットフォームの エンドポイント にアクセスできます。

PING 応答サービス

バーチャル SIM/Subscriber を利用するデバイスから SORACOM プラットフォームへ到達できることを確認できます。

WireGuard インターフェースを経由して、ターミナルなどから pong.soracom.io への ping を試します。

$ ping -c 4 pong.soracom.io
PING pong.soracom.io (100.127.100.127) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=1 ttl=64 time=39.5 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=2 ttl=64 time=20.5 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=3 ttl=64 time=19.0 ms
64 bytes from 100.127.100.127 (100.127.100.127): icmp_seq=4 ttl=64 time=18.3 ms

--- pong.soracom.io ping statistics ---
4 packets transmitted, 4 received, 0% packet loss, time 3005ms
rtt min/avg/max/mdev = 18.318/24.323/39.453/8.771 ms
PING 応答サービスに到達できない場合に代理で応答されることがあります

SORACOM プラットフォームで提供する PING 応答サービス (pong.soracom.io) にデバイスから到達できない場合に、別の機器やサーバーによって代理で応答されることがあります。

出力の 1 行目の PING pong.soracom.io (100.127.100.127) に表示されている IPv4 アドレスが、100.64.0.0/10 (100.64.0.1 ~ 100.127.255.254) の範囲に入っていることを確認してください。

SORACOM プラットフォームに向かうルートが複数あると PING 応答サービスのレスポンスを受け取れません

たとえば、IoT SIM を利用するインターフェースと、WireGuard インターフェースが存在すると、以下のように表示されます。

$ ping -c 4 pong.soracom.io
ping: pong.soracom.io: Temporary failure in name resolution

この場合は、IoT SIM を利用するインターフェースを削除してください。

例:

$ sudo ifdown wwan0
$ ping -c 4 pong.soracom.io # 応答が返ってくることを確認

なお、ifdown: unknown interface wwan0 と表示された場合は、以下のコマンドを実行してみてください。

$ sudo ifconfig wwan0 down
$ ping -c 4 pong.soracom.io # 応答が返ってくることを確認

Beam

ステップ 1: バーチャル SIM/Subscriber を作成する で作成したバーチャル SIM/Subscriber に対して、Beam、Harvest Data などを有効化すると、バーチャル SIM/Subscriber からも各サービスを利用できます。

たとえば、HTTP / HTTPS: HTTP エントリポイントの設定例 の説明に従ってバーチャル SIM/Subscriber に対して Beam を有効化してから、WireGuard インターフェースを経由して http://beam.soracom.io:8888 にアクセスすると、以下のように出力されます。

$ curl http://beam.soracom.io:8888
Hello SORACOM Beam Client IMSI:001010123456789 SIM ID:1234567890123456780 !

== HTTP Headers ==
HTTP_X_SORACOM_SIM_ID = 1234567890123456780
HTTP_X_SORACOM_IMSI = 001010123456789
No group ID is specified と出力されたときは

以下のように出力された場合は、バーチャル SIM/Subscriber がグループに所属していないため、Beam を利用できません。Beam を有効化する手順について詳しくは、SORACOM Beam を有効化する を参照してください。

$ curl http://beam.soracom.io:8888
{"message":"No group ID is specified: 001010123456789"}