Soracom

Users

ドキュメント

バーチャル SIM/Subscriber を作成する

ここでは、ユーザーコンソールでバーチャル SIM/Subscriber を作成する方法を説明します。

バーチャル SIM/Subscriber とは で説明されているとおり、バーチャル SIM/Subscriber には以下の 2 種類があります。

種類説明
プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/SubscriberAir for セルラーの IoT SIM を契約していない場合でも、単体で作成 / 利用できるバーチャル SIM/Subscriber です。詳しくは、プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成する を参照してください。
セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber契約済みの IoT SIM に対して、セカンダリサブスクリプション として追加するバーチャル SIM/Subscriber です。1 つのデバイスで複数の通信方式 (Air for セルラーと、Wi-Fi など) を使用して SORACOM プラットフォームを利用する場合に便利です。詳しくは、セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成する を参照してください。

バーチャル SIM/Subscriber を作成すると、初期費用 (契約事務手数料) と基本使用料 (月額) が発生します。詳しくは、SORACOM Arc の料金プラン を参照してください。

サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面の利用

バーチャル SIM/Subscriber に関する操作は、サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面でのみ利用できます。ユーザーコンソール上部の [切り替える] をクリックすると、新しい SIM 管理画面に切り替わります。

new SIM management console new SIM management console

soratun を使用してバーチャル SIM/Subscriber を作成するには (推奨)

新しいバーチャル SIM/Subscriber を デバイスで作成し、デバイスに WireGuard の接続情報などを保存すること を「ブートストラップ」と言います。soratun でブートスラップする操作については、以下のいずれかのページを参照してください。

ソラコムでは、バーチャル SIM/Subscriber の作成、一連の設定および接続が行える soratun の利用を推奨しています。

プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成する

単体で利用できるバーチャル SIM/Subscriber を、ユーザーコンソールで作成します。

  1. ユーザーコンソール にログインし、バーチャル SIM/Subscriber を作成するカバレッジタイプを選択します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. [+SIM 登録] をクリックします。

  4. [バーチャル SIM を登録] をクリックし、注意事項を確認して、[登録] をクリックします。

    バーチャル SIM/Subscriber が作成され、「バーチャル SIM の作成」画面に WireGuard の接続情報が表示されます。

    画面に表示された WireGuard の接続情報は、soratun の設定 または WireGuard の設定 で使用します。[] をクリックすると、WireGuard の接続情報をクリップボードにコピーできます。

    WireGuard の接続情報
    項目説明
    PrivateKey

    WireGuard インターフェースを作成するためのクライアントの PrivateKey (クライアントピア秘密鍵) がマスク (**********) されて表示されます。[キーを表示] をクリックすると、PrivateKey が表示されます。

    クライアントピア秘密鍵は SORACOM には保存されていません
    • この画面を閉じると、PrivateKey (クライアントピア秘密鍵) は再表示できません。紛失した場合は、バーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新 してください。
    • クライアントピア秘密鍵が漏洩すると、通信の秘密が守れません。漏洩した可能性がある場合は、速やかにバーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新してください。
    クライアントピア秘密鍵をお客様で生成することもできます

    クライアントピア秘密鍵とクライアントピア公開鍵をお客様で生成して、SORACOM プラットフォームにクライアントピア公開鍵のみを登録することもできます。詳しくは、バーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新する を参照してください。

    Addressクライアントの IP アドレスです。アドレスレンジ (/32) まで含めて 10.xxx.xxx.xx/32 のフォーマットで表示されます。
    PublicKeyArc サーバーのサーバーピア公開鍵です。
    AllowedIPs

    Arc サーバーから受信した WireGuard AllowedIPs が表示されます。

    AllowedIPs はユーザーコンソールでは再表示できません

    この画面を閉じると、ユーザーコンソールでは AllowedIPs は再表示できません。紛失した場合は、以下のいずれかの操作を行ってください。

    EndpointArc サーバーの Wireguard プロトコルのエンドポイントです。

    WireGuard の接続情報は決して外部に公開しないでください。

  5. [閉じる] をクリックして SIM 管理画面に戻り、バーチャル SIM/Subscriber が作成されていることを確認します。

次のステップ

ユーザーコンソールでバーチャル SIM/Subscriber を作成したら、次はデバイスにソフトウェアをインストールして、WireGuard インターフェースを作成します。利用する WireGuard 実装にあわせて、以下のいずれかのページを参照してください。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI / SORACOM API を利用して、プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成することもできます。

  • SORACOM CLI を利用する場合は、soracom sims create を使用します。
  • SORACOM API を利用する場合は、Sim:createSim API を使用します。

セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成する

ユーザーコンソールで、既存の IoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber を追加します。IoT SIM に追加されたバーチャル SIM/Subscriber は、セカンダリサブスクリプション のバーチャル SIM/Subscriber と言います。

  1. ユーザーコンソール にログインし、バーチャル SIM/Subscriber を追加する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. バーチャル SIM/Subscriber を追加する IoT SIM にチェックを入れ、[操作][サブスクリプション追加] の順にクリックします。

    「SIM にサブスクリプションを追加する」画面が表示されます。

  4. [planArc01] を選択して、[追加する] をクリックします。

    IoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber が追加され、WireGuard の接続情報が表示されます。

    画面に表示された WireGuard の接続情報は、soratun の設定 または WireGuard の設定 で使用します。[] をクリックすると、WireGuard の接続情報をクリップボードにコピーできます。

    WireGuard の接続情報

    項目説明
    PrivateKey

    WireGuard インターフェースを作成するためのクライアントの PrivateKey (クライアントピア秘密鍵) がマスク (**********) されて表示されます。[キーを表示] をクリックすると、PrivateKey が表示されます。

    クライアントピア秘密鍵は SORACOM には保存されていません
    • この画面を閉じると、PrivateKey (クライアントピア秘密鍵) は再表示できません。紛失した場合は、バーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新 してください。
    • クライアントピア秘密鍵が漏洩すると、通信の秘密が守れません。漏洩した可能性がある場合は、速やかにバーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新してください。
    クライアントピア秘密鍵をお客様で生成することもできます

    クライアントピア秘密鍵とクライアントピア公開鍵をお客様で生成して、SORACOM プラットフォームにクライアントピア公開鍵のみを登録することもできます。詳しくは、バーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新する を参照してください。

    Addressクライアントの IP アドレスです。アドレスレンジ (/32) まで含めて 10.xxx.xxx.xx/32 のフォーマットで表示されます。
    PublicKeyArc サーバーのサーバーピア公開鍵です。
    AllowedIPs

    Arc サーバーから受信した WireGuard AllowedIPs が表示されます。

    AllowedIPs はユーザーコンソールでは再表示できません

    この画面を閉じると、ユーザーコンソールでは AllowedIPs は再表示できません。紛失した場合は、以下のいずれかの操作を行ってください。

    EndpointArc サーバーの Wireguard プロトコルのエンドポイントです。

    WireGuard の接続情報は決して外部に公開しないでください。

  5. [閉じる] をクリックして SIM 管理画面に戻り、バーチャル SIM/Subscriber が追加されていることを確認します。

次のステップ

ユーザーコンソールでバーチャル SIM/Subscriber を作成したら、次はデバイスにソフトウェアをインストールして、WireGuard インターフェースを作成します。利用する WireGuard 実装にあわせて、以下のいずれかのページを参照してください。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI / SORACOM API を利用して、セカンダリサブスクリプションとしてバーチャル SIM/Subscriber を追加することもできます。

  • SORACOM CLI を利用する場合は、soracom sims add-subscription を使用します。
  • SORACOM API を利用する場合は、Sim:addSubscription API を使用します。