Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Arc の特徴

SORACOM Arc (以下、Arc) は、任意の IP ネットワーク (Wi-Fi やイーサネットなどを通じたインターネット接続) から SORACOM プラットフォームへのセキュアなリンクを提供するサービスです。

これまで SORACOM Beam、SORACOM Funnel といった SORACOM プラットフォームのサービスを使用するには SORACOM Air for セルラーの提供するセルラー通信や SORACOM Air for Sigfox、SORACOM Air for LoRaWAN が提供する LPWA 通信が前提となり、このため Wi-Fi や有線通信、衛星通信などを組み合わせたい場合には SORACOM サービスを利用できませんでした。

その一方で、IoT システムを支える通信デバイスの通信方式はセルラー通信、LPWA 通信に限定されるものではなく、WiFi や有線接続を使用する場合もあります。お客様の IoT システムを構築するデバイスの通信方式が SORACOM Air ソラコムのコネクティビティだけでなく、Wi-Fi などそれ以外の通信コネクティビティが混在している場合、「SORACOM を使用したシステム」と「SORACOM を使用していないシステム」をそれぞれ構築する必要がありました。

SORACOM Arc はこれらの課題を解決します。

SORACOM Arc の特徴 

SORACOM Arc の特徴は以下のとおりです。

  • SORACOM Arc では仮想的な SIM (バーチャル SIM/Subscriber) を各デバイスに対して発行し、そのバーチャル SIM/Subscriber を使って認証を行うことで、セルラー以外の通信手段でもデバイスと SORACOM の間で安全で保護された通信経路を確立します。
  • 認証及び安全な通信回線の確立には WireGuard® を採用しており、同プロトコルに対応したデバイスでご利用いただけます。
  • デバイスと SORACOM の間で安全で保護された通信経路の作成後は、あたかも SORACOM Air for セルラーを用いたセルラー通信であるかのように、バーチャル SIM/Subscriber を認証情報としてソラコムのプラットフォームサービスをご利用いただけます。
  • デバイスに組み込んで利用可能なエージェントプログラム「soratun (ソラタン)」を提供しています。当プログラムを利用することで容易に WireGuard の仮想ネットワークインターフェイスを作成し、SORACOM Arc の利用を開始することができます。

SORACOM プラットフォームのサービスの特徴でもある「セキュア」「柔軟な運用」をそのままに IoT システムでご利用いただけるコネクティビティの新しい選択肢を提供します。