Soracom

Users

ドキュメント

バーチャル SIM/Subscriber を再初期化する

ユーザーコンソールで作成したバーチャル SIM/Subscriber のセッションステータスが OFFLINE で、WireGuard の接続情報がすべて削除されている場合は、バーチャル SIM/Subscriber を再初期化してください。

  • バーチャル SIM/Subscriber の認証情報 (クライアントピア秘密鍵およびクライアントピア公開鍵) は初期化されません。
  • 再初期化すると、それまでとは異なる Arc サーバーに割り当てられる場合があります。
サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面の利用

バーチャル SIM/Subscriber に関する操作は、サブスクリプションコンテナに対応した新しい SIM 管理画面でのみ利用できます。ユーザーコンソール上部の [切り替える] をクリックすると、新しい SIM 管理画面に切り替わります。

new SIM management console new SIM management console

バーチャル SIM/Subscriber のセッションステータスが「ONLINE」の場合は

バーチャル SIM/Subscriber のセッションステータスが ONLINE の場合にセッションを再確立する手順については、バーチャル SIM/Subscriber のセッションを再確立する を参照してください。

  1. ユーザーコンソール にログインし、対象のバーチャル SIM/Subscriber にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. 対象のバーチャル SIM/Subscriber にチェックを入れて、[詳細] をクリックします。

    SIM 詳細画面が表示されます。

  4. [バーチャル SIM][高度な設定][バーチャル SIM の再初期化][バーチャル SIM の再初期化] の順にクリックします。

    バーチャル SIM/Subscriber が再初期化され、「バーチャル SIM を再初期化」画面に WireGuard の接続情報 が表示されます。

    画面に表示された WireGuard の接続情報を手順 7 で使用します。[] をクリックすると、WireGuard の接続情報をクリップボードにコピーできます。

    PrivateKey (クライアントピア秘密鍵) は生成されません
    • この手順では、PrivateKey (クライアントピア秘密鍵) は生成されません。仮の文字列 (<YOUR_PRIVATE_KEY>) がマスク (**********) されて表示されます。仮の文字列はそのままでは使用できません。 新しい鍵を生成する操作については、バーチャル SIM/Subscriber の認証情報を更新する を参照してください。
    • WireGuard の接続情報は決して外部に公開しないでください。
    soratun でバーチャル SIM/Subscriber を作成した場合は
  5. [閉じる][閉じる] の順にクリックします。

  6. SIM 管理画面の [] をクリックします。

  7. soratun または WireGuard の設定を更新します。

    以下のいずれかの操作を行って、WireGuard インターフェースを作成し直してください。作成し直すまでは、バーチャル SIM/Subscriber を利用した SORACOM プラットフォームとの通信はできません。

    WireGuard インターフェースを作成する方法によって操作が異なります。

    WireGuard インターフェースを作成する方法説明
    soratun を使用するステップ 3: soratun に WireGuard の接続情報を設定する 以降を参照して、soratun 設定ファイルを更新し、WireGuard インターフェースを作成し直してください。
    WireGuard を使用するステップ 3: WireGuard に接続情報を設定する 以降を参照して、WireGuard の設定を更新し、WireGuard インターフェースを作成し直してください。
    soratun でブートストラップした場合は