Soracom

Users

ドキュメント

バーチャル SIM/Subscriber とは

バーチャル SIM/Subscriber は、仮想的な IoT SIM です。SORACOM Arc を利用して、任意のデバイスで SORACOM プラットフォームを利用するために作成します。

バーチャル SIM/Subscriber の種類

バーチャル SIM/Subscriber を大きく分けると、単体で利用するプライマリサブスクリプション としてのバーチャル SIM/Subscriber と、IoT SIM に追加するセカンダリサブスクリプション としての バーチャル SIM/Subscriber の 2 種類があります。

種類説明
プライマリサブスクリプション として単体で利用できるバーチャル SIM/Subscriber単体で利用するバーチャル SIM/Subscriber を作成すると、Air を利用できないデバイスで SORACOM プラットフォームを利用できます。また、SORACOM プラットフォームの動作検証にも活用できます。詳しくは、単体で利用するバーチャル SIM/Subscriber (プライマリサブスクリプション) を参照してください。
単体で契約するサブスクリプション (例: plan01s、plan-D) に、セカンダリサブスクリプション として追加するバーチャル SIM/SubscriberIoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber を追加すると、1 つのデバイスで複数の通信方式 (Air for セルラーと、Wi-Fi など) を使用して SORACOM プラットフォームを利用できます。詳しくは、IoT SIM に追加するバーチャル SIM/Subscriber (セカンダリサブスクリプション) を参照してください。

バーチャル SIM/Subscriber を作成すると、初期費用 (契約事務手数料) と基本使用料 (月額) が発生します。詳しくは、SORACOM Arc の料金プラン を参照してください。

バーチャル SIM/Subscriber の IMSI について

バーチャル SIM/Subscriber の種類に関わらず、バーチャル SIM/Subscriber には、99999 から始まる 15 桁の IMSI が付与されます。

単体で利用するバーチャル SIM/Subscriber (プライマリサブスクリプション)

単体で利用するバーチャル SIM/Subscriber を作成すると、Air を利用できないデバイスで SORACOM プラットフォームを利用できます。また、SORACOM プラットフォームの動作検証にも活用できます。

プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を作成するには、具体的な手順について の表の「プライマリ / セカンダリ」の列に「プライマリ」と書かれている手順のいずれかを行います。

プライマリサブスクリプション のバーチャル SIM/Subscriber は、Air for セルラーの IoT SIM と同様に管理できます。たとえば、IoT SIM と同様にグループ設定などを行うことで、SORACOM プラットフォームの各種サービスを使用できます。

Air for セルラーの IoT SIM とプライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber の差異について

基本的には、プライマリサブスクリプション のバーチャル SIM/Subscriber は、Air for セルラーの IoT SIM と同様に管理できます。ただし、一部の機能で動作が異なります。

項目説明
データ通信量の確認バーチャル SIM/Subscriber のデータ通信量は、Air for セルラーの IoT SIM のデータ通信量とあわせて確認できます。99999 から始まる IMSI がバーチャル SIM/Subscriber です。
ステータスの変更バーチャル SIM/Subscriber のステータスは変更できますが、「使用中 (active)」および「解約済み (terminated)」のみです。
速度クラスの変更バーチャル SIM/Subscriber の速度クラスは設定できません。
バンドルの変更バーチャル SIM/Subscriber のバンドルは設定できません。
サブスクリプションコンテナ (追加サブスクリプション) の利用バーチャル SIM/Subscriber は、サブスクリプションコンテナ (追加サブスクリプション) を利用できません。
ほかのオペレーターへの譲渡 (移管)バーチャル SIM/Subscriber は、ほかのオペレーターへ譲渡 (移管) できません。
CHAP 認証バーチャル SIM/Subscriber では CHAP 認証は利用できません。CHAP 認証を有効化したグループに、バーチャル SIM/Subscriber が所属していても料金は発生しません。
IMEI ロックの設定バーチャル SIM/Subscriber では IMEI ロックは設定できません。
SMSUSSD の送受信バーチャル SIM/Subscriber を利用して SMS や USSD を送受信することはできません。
SIM ローカル情報レポートバーチャル SIM/Subscriber では、SMS を受信できないため、SIM ローカル情報レポートは取得できません。
基地局 / デバイスの位置情報の取得バーチャル SIM/Subscriber では、基地局 / デバイスの位置情報は取得できません。
バーチャル SIM/Subscriber の追加バーチャル SIM/Subscriber に対して、別のバーチャル SIM/Subscriber を追加することはできません。
SORACOM Peek for SIMバーチャル SIM/Subscriber のパケットはキャプチャできません。
Virtual Private Gateway (VPG)Type-E および Type-F のみをサポートします。
SORACOM Endorseバーチャル SIM/Subscriber を使用しているデバイスに対して発行された認証トークンに、IMEI、MSISDN は含まれません。
Krypton の「Endorse による SIM 認証」バーチャル SIM/Subscriber に対して、Krypton の「Endorse による SIM 認証」は利用できません。
イベントハンドラー

IoT SIM に対して設定できる以下の機能は利用できません。

デバイスの識別子について

プライマリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を利用するデバイスを SORACOM プラットフォームで識別する場合は、IoT SIM と同様に、バーチャル SIM/Subscriber の SIM ID や IMSI を使用します。

IoT SIM に追加するバーチャル SIM/Subscriber (セカンダリサブスクリプション)

IoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber を追加すると、1 つのデバイスで複数の通信方式 (Air for セルラーと、Wi-Fi など) を使用して SORACOM プラットフォームを利用できます。

セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を追加するには、具体的な手順について の表の「プライマリ / セカンダリ」の列に「セカンダリ」と書かれている手順のいずれかを行います。

セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber は、Air for セルラーの IoT SIM (プライマリサブスクリプション) とセットで管理します。たとえば、IoT SIM にグループを設定すると、同時にバーチャル SIM/Subscriber にもグループが設定されます。個別に設定することはできません。詳しくは、セカンダリサブスクリプション を参照してください。

1 つの IoT SIM (プライマリサブスクリプション) に追加できるバーチャル SIM/Subscriber は 1 つだけです。

デバイスの識別子について

セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を利用するデバイスを SORACOM プラットフォームで識別する場合は、IoT SIM (プライマリサブスクリプション) の SIM ID や IMSI を使用します。詳しくは、SORACOM プラットフォームでの IMSI の利用について を参照してください。

バーチャル SIM/Subscriber を利用して SORACOM に接続する際は、プライマリサブスクリプションの IoT SIM は必要ありません。

バーチャル SIM/Subscriber のセッションの特徴

IoT SIM の セッション と、バーチャル SIM/Subscriber のセッションは、以下の点で異なります。

  • バーチャル SIM/Subscriber のセッションの状態は常に「オンライン」です。ユーザーコンソールからセッションを切断しても、すぐに「オンライン」状態になります。ただし、WireGuard の接続情報が更新されると、セッションが再確立されません。その場合は、デバイス側の WireGuard インターフェースを作成し直してください。詳しくは、バーチャル SIM/Subscriber のセッションを再確立する を参照してください。
  • セカンダリサブスクリプションのバーチャル SIM/Subscriber を追加している場合は、ユーザーコンソールの SIM 管理画面の [状態] 欄の表示は、IoT SIM のステータスによって意味が変わります。
    IoT SIM のステータス説明
    使用中 (active)バーチャル SIM/Subscriber のステータスとセッションの状態が表示されます。
    「使用中 (active)」以外IoT SIM のステータスが表示されます。たとえば、IoT SIM のステータスを「休止中 (inactive)」に変更すると、SIM 管理画面では「休止中」と表示されますが、引き続きバーチャル SIM/Subscriber のステータスは「使用中 (active)」で、セッションは「オンライン」です。そのため、バーチャル SIM/Subscriber を利用したデータ通信は禁止されません。