MENU

Soracom

Users

バーチャル SIM/Subscriber とは

バーチャル SIM/Subscriber とは

バーチャル SIM/Subscriber は、セキュアリンクサービス SORACOM Arcを利用して、お持ちのデバイスを任意のインターネット接続(Wi-Fi やイーサネットなど)から SORACOM プラットフォームに接続することができます。

バーチャル SIM/Subscriber では使用方法に応じて、以下の 2 つのパターンで作成できます。

SORACOM Arc のアーキテクチャ

「SORACOM IoT SIM に追加して作成する」、「単体でバーチャル SIM/Subscriber を作成するパターン」に関わらずバーチャル SIM/Subscriber には IMSI が付与されます。バーチャル SIM/Subscriber の IMSI は 99999 から始まる 15 桁の ID となります。 また、バーチャル SIM/Subscriber のステータスは Active(使用中)Terminated(解約済み) の 2 つのステータスを持ちます。

バーチャル SIM/Subscriber を作成すると、初期費用とバーチャル SIM を解約するまで月額基本料金が発生します。詳細は SORACOM Arc 利用料金をご確認ください。

SORACOM IoT SIM にバーチャル SIM/Subscriber を追加する

SORACOM IoT SIM に追加して作成する場合、バーチャル SIM/Subscriber は、plan-D、plan01s といったお持ちの SORACOM IoT SIM に追加されます。 SORACOM IoT SIM がベースとなるサブスクリプションであることから、元になる SORACOM IoT SIM をプライマリサブスクライバーと呼びます。また、バーチャル SIM/Subscriber はセカンダリサブスクライバーと呼びます。

お客様は SORACOM IoT SIM を使用したセルラー通信、Wi-Fi やイーサネットなどを使用した バーチャル SIM/Subscriber を意識することなく、SORACOM プラットフォームでは、プライマリ IMSI を使用してデバイスを識別します。

具体的には、ソラコムの各種サービス(SORACOM Beam / SORACOM Endorse / SORACOM Funnel / SORACOM Funk / SORACOM Harvest など)では、IMSI を指定したり、IMSI をキーにして IoT デバイスの特定を行ったりしています。 バーチャル SIM/Subscriber を利用した通信の場合、ソラコムが内部的にプライマリ IMSI(SORACOM IoT SIM の IMSI)を検出し、この IMSI を使用してデバイスを特定します。

プライマリ IMSI が使用される例

  • Beam のヘッダーに IMSI を付与設定を ON にして バーチャル SIM/Subscriber で通信した場合、Beam ヘッダーにはプライマリ IMSI(SORACOM IoT SIM の IMSI)が付与されます。
  • バーチャル SIM/Subscriber の通信を利用して Harvest にデータを送信した場合、プライマリ IMSI(SORACOM IoT SIM の IMSI)として Harvest に蓄積されます。

セルラー接続と Wi-Fi 接続等を組合せた IoT システムに最適です。

なお、この利用方法はサブスクリプションコンテナと同様となります。 サブスクリプションコンテナを使用するをあわせてご確認ください。

サポートするサブスクリプション

追加するサブスクリプション(planP1, planX1, planX2)を除く、以下のサブスクリプションにバーチャル SIM/Subscriber を追加できます。 サポートするサブスクリプションは以下のとおりです。

  • plan01s, plan01s - Low Data Volume, plan-D, plan-K, plan-KM1, plan-DU

単体でバーチャル SIM/Subscriber を作成するパターン

単体でバーチャル SIM/Subscriber を作成した場合、SORACOM プラットフォームでは、バーチャル SIM/Subscriber の SIMID、IMSI を使用してデバイスを識別します。

SORACOM IoT SIM と同様にグループ設定などを行うことで、SORACOM プラットフォームの各種サービスを使用できます。

バーチャル SIM/Subscriber のセッションの特徴

バーチャル SIM/Subscriber を作成すると SORACOM Arc を使用するためのセッション情報を取得できます。セッション情報には以下が含まれます。

  • arcClientPeerIpAddress
  • arcClientPeerPublicKey
  • arcServerPeerPublicKey
  • arcServerEndpoint

バーチャル SIM/Subscriber で接続する場合には上記の情報が必要となります。 接続方法は バーチャル SIM/Subscriber で接続するをご確認ください。

なお、SORACOM IoT SIM のセッションと異なる以下の特徴があります。

  • バーチャル SIM/Subscriber を作成した時点で、SORACOM プラットフォーム側では常に オンライン の状態となり、デバイスから接続を待ち受けている状態となります。
  • セッションを切断 (DeleteSession API を実行) するとすぐに SORACOM プラットフォーム側でセッションを自動的に作成します(ユーザーコンソールでは セッションのリセット という操作になります)。セッションが再作成されるとセッション情報が更新されます。
  • バーチャル SIM/Subscriber を解約(Terminate API を実行) するとセッションは削除されます。

バーチャル SIM/Subscriber のランデブーポイント

ランデブーポイント (rendezvous point) とは SORACOM プラットフォームの拠点です。 以下のような接続拠点として使用されます。

  • バーチャル SIM/Subscriber がインターネットへ接続する際は、ランデブーポイントからインターネットに接続します。
  • バーチャル SIM/Subscriber がアクセスできるエンドポイントの拠点となります。

ランデブーポイントは東京 (日本)、オレゴン (米国)、フランクフルト (ドイツ) があります。

バーチャル SIM/Subscriber が Virtual Private Gatewayに所属していない場合

  • 日本カバレッジで作成した バーチャル SIM/Subscriber は東京 (日本)が接続拠点となります。
  • グローバルカバレッジで作成した バーチャル SIM/Subscriber はフランクフルト (ドイツ) が接続拠点となります。

バーチャル SIM/Subscriber が Virtual Private Gatewayに所属している場合

  • 日本カバレッジで作成した バーチャル SIM/Subscriber は東京 (日本)が接続拠点となります。
  • グローバルカバレッジで作成した バーチャル SIM/Subscriber は Virtual Private Gateway(VPG) の作成時に指定したランデブーポイントが バーチャル SIM/Subscriber のランデブーポイントとなります。たとえば、ランデブーポイント:東京 (日本) として作成した VPG に所属している場合、当バーチャル SIM/Subscriber(グローバルカバレッジ) は東京 (日本)が接続拠点となります。

ご注意事項

制限事項と注意事項 を参照してください。