Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Beam のユースケース

これまでは、IoT システムを構築するにあたり、デバイス、通信、インフラと別々に用意する必要がありました。Beam を用いると、セキュアな IoT システムを AWS 上で容易に構築できます。

Beam によるプロトコル変換、暗号化処理 

  • CPU や電力制限によって暗号化処理ができない IoT デバイスの通信を暗号化します。
  • HTTP で送信できない IoT デバイスの通信をクラウドサービスにあったプロコトルに変換します。(例:TCP から HTTPS に変換する)

接続先の切り替え 

  • Beam を利用することで、IoT デバイス側ではデータの送信先を Beam に固定できます。Beam からのお客様のサーバーへの接続情報はユーザーコンソールもしくは API を利用して、IoT SIM のグループ単位で別々の宛先を設定できます。

バイナリーパーサー 

バリナリーパーサーとはデバイスから送信されるバイナリデータを JSON データに変換する機能です。バイナリパーサーを利用することにより、デバイスから送信されるバイナリデータを SORACOM プラットフォーム上で JSON 形式にデコードして SORACOM Beam に送信いただくことができます。バイナリーパーサーの利用については、バイナリパーサー詳細 を参照ください。