MENU

Soracom

Users

Web サイトエントリポイント

デバイスから HTTP リクエストを受け付け、HTTP もしくは HTTPS で転送先へリクエストを転送します。HTTP エントリポイントとの違いはパスを予め固定的に決めておく必要がないということです。例えば http://beam.soracom.io:18080/path/to/targethttps://${TARGET}/path/to/target へ転送されます。

エントリポイント URL

http://beam.soracom.io:18080

設定項目

  • 設定名: 本設定の名前
    • エントリポイント
    • プロトコル: デバイスとの通信プロトコル(HTTP)
  • 転送先
    • プロトコル: 転送先への送信プロトコル(HTTP もしくは HTTPS から選択)
    • ホスト名: 転送先の FQDN。
    • ポート番号: 転送先のポート番号。
  • ヘッダ操作
    • IMSI ヘッダ付与: 転送先へのリクエストに x-soracom-imsi: ${IMSI} を追加します
    • IMEI ヘッダ付与: 転送先へのリクエストに x-soracom-imei: ${IMEI} を追加します
    • MSISDN ヘッダ付与: 転送先へのリクエストに x-soracom-msisdn: ${MSISDN} を追加します
    • SIM ID ヘッダ付与: 転送先へのリクエストに x-soracom-sim-id: ${SIM_ID} を追加します
    • 署名ヘッダ付与: 転送先へのリクエストに x-soracom-signature: ${signature} を追加します
    • 事前共有鍵: 署名に利用する共通鍵を設定します
  • カスタムヘッダ: 転送先へのリクエストに任意の HTTP ヘッダを付与できます

挙動は HTTP エントリポイントと同じです。リクエスト、レスポンス、利用例は エントリポイントリファレンス: HTTP エントリポイント を参照してください。