Soracom

Users

ドキュメント

データ通信量実績データ CSV リファレンス

CSV ファイルは、次のような構造となっています。

CSVファイルの構造

項目名は、大きく分けて「データ通信量項目」と「タグ/グループ項目」に分かれ、データ通信量項目のあとにタグ/グループ項目が出力されます。

1 行目はヘッダー行です。

データ通信量項目 

「データ通信量項目」に出力される項目名は以下のとおりです。

項目説明
imsiIoT SIM の IMSI。IoT SIM に無関係の課金項目 (VPG や無料枠など) の場合は、値が出力されません。
date

対象日/対象月

  • 対象日が yyyyMMdd 形式で出力されます。
  • 対象月が yyyyMM 形式で出力されます。
type
  • 日本カバレッジの場合は速度クラスが出力されます。
  • グローバルカバレッジの場合はサブスクリプションを識別するための文字列が出力されます。
uploadByteSizeTotalIoT SIM → SORACOM プラットフォームという向き (アップロード) のデータ通信量
uploadPacketCountTotalIoT SIM → SORACOM プラットフォームという向き (アップロード) のパケット数
downloadByteSizeTotalIoT SIM ← SORACOM プラットフォームという向き (ダウンロード) のデータ通信量
downloadPacketCountTotalIoT SIM ← SORACOM プラットフォームという向き (ダウンロード) のパケット数

タグ/グループ項目 

「タグ/グループ項目」には、課金詳細情報 CSV と同様の情報が出力されます。詳しくは、タグ/グループ項目 を参照してください。

CSV ファイル読み込み時の注意点 

課金詳細情報 CSV と同様の点に注意してください。詳しくは、CSV ファイル読み込み時の注意点 を参照してください。