Soracom

Users

ドキュメント

利用料金が設定金額を超えたときにプライマリメールアドレスにメールを送信する (ご利用料金アラート)

「オペレーターの今月の利用料金」が設定金額を超えたときに、プライマリメールアドレス にメールを送信するように設定します。この機能は、イベントハンドラーのイベントを簡易的に設定する機能です。イベントハンドラーのイベント一覧画面を利用してイベントを作成すると、[再評価を行うタイミング][アクション] などを詳細に設定できます。詳しくは、イベントハンドラー を参照してください。

実際の利用料金とイベントハンドラーで評価する「オペレーターの今月の利用料金」の違い

実際の利用料金と、イベントハンドラーで評価する「オペレーターの今月の利用料金」は異なります。詳しくは、今月の利用料金が設定金額を超えたら実行 を参照してください。

設定金額以上の利用料金の発生を防止する機能ではありません
  • 設定金額以上の利用料金が発生したことが確認できたときにメールが送信されますが、設定金額以上の利用料金の発生は防止できません。設定金額を超過した利用料金は、お客様に負担していただきます。
  • 利用料金は、サービスを利用した瞬間に発生します。一方、利用料金が発生してから、イベントハンドラーが確認する「オペレーターの今月の利用料金」が集計されるまでに、1 日程度の時間がかかる場合があります。

サービスの利用料金は、カバレッジタイプ ごとに単価が異なるため、カバレッジタイプごとに請求されます。ご利用料金アラートでも、カバレッジタイプごとに金額やメールの内容を設定します。

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインし、カバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s などグローバルカバレッジの利用料金を監視する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. ユーザーコンソールの右上のユーザー名をクリックし、[ご利用料金][ご利用料金アラート] の順にクリックします。

  3. [アラートを有効にする] をオンにします。

  4. 各項目を設定します。

    項目説明
    [設定金額] *「オペレーターの今月の利用料金」のしきい値を入力します。単位は円 (日本カバレッジの場合)、または USD (グローバルカバレッジの場合) です。12147483647 の整数を指定します。
    [メールの件名・本文を編集する]メールの [件名][本文] を編集する場合は、チェックを入れます。このメールは、「オペレーターの今月の利用料金」が [設定金額] を超えたときに送信されます。
    [件名]メールの件名を入力します。(*1)
    [本文]メールの本文を入力します。(*1)
    • (*1) 以下の変数を指定すると便利です。そのほかにも指定できる変数があります。詳しくは、アクションで利用できる変数 を参照してください。
      • ${operatorId}: オペレーター ID に置き換えられます。
      • ${coverage}: カバレッジタイプ (jp または g) に置き換えられます。
      • ${limitTotalAmount}: 「オペレーターの今月の利用料金」のしきい値に置き換えられます。
      • ${currentTotalAmount}: 集計時の「オペレーターの今月の利用料金」に置き換えられます。
  5. [保存] をクリックします。

    イベントハンドラー に「Prefixed event handler - Monthly Charge Alert」という名前のイベントが作成されます。このイベントは編集しないでください。