MENU

Soracom

Users

制限事項と注意事項

制約事項

  • バイナリパーサー機能は SORACOM Air for LoRaWAN / Sigfox および SORACOM Air for セルラーでご利用いただけます。
  • SORACOM Air for セルラーは以下の点にご注意ください。
    • Beam での利用は以下のプロトコル変換に対応しています。
      • TCP to HTTPS
      • UDP to HTTPS
    • Funnel でのご利用は、送信プロトコル TCP、UDP に対応しています。
    • Funk でのご利用は、送信プロトコル TCP、UDP に対応しています。
    • Harvest でのご利用は、送信プロトコル TCP、UDP に対応しています。
    • データ送信バイトに制限はありませんが、MTU には制約されます。
    • SORACOM Binary Format v1 との併用はできません
  • データの値に基づく分岐やループ、ジャンプなどの制御構造はありません。より高度なデータ変換が必要な場合は SORACOM Orbit をご利用ください。
  • バイナリパーサーのフォーマット似設定する文字列長の上限値は現時点では設定されていませんが、グループ設定全体で 8 KB が上限となります。SORACOM の各種サービス機能は、Group に基づいて設定の管理が行われ、その設定情報は グループ設定 と呼ばれます。メタデータやユーザーデータは、Air、Beam などの各種サービスの設定情報とともに 1 つのグループ設定として取り扱われ、全体で上限 8KB までの設定情報を登録できます。