Soracom

Users

ドキュメント

定義済みフォーマット

バイナリパーサーで定義済みフォーマットを使用すると対応するデバイスのデータを自動的にパースできます。対応デバイスならびに、指定するフォーマット名は以下の通りです。

定義済みフォーマットを指定する方法については、バイナリパーサーを設定する を参照してください。

Sens'it V2 / V3 (Discovery)

フォーマット名説明
@sensit

Sens'it V2 に対応しています。

フォーマットは、FAQ: バイナリパーサー "@sensit" で変換された値の意味を教えてください を参照してください。

@sensit.v3

Sens'it V3 に対応しています。Sens'it V3 は SORACOM ユーザーコンソールでのお取り扱いはありませんが、お客様自身で購入して登録できます。登録にあたっては別途費用が発生しますので 料金ページ を参照してください。

フォーマットは、FAQ: バイナリパーサー "@sensit.v3" で変換された値の意味を教えてください を参照してください。

Sigfox Shield for Arduino

フォーマット名説明
@unashield

Sigfox Shield for Arduinounabiz-arduino ライブラリ で送信されるデータ形式に対応しています。

フォーマットは、FAQ: バイナリパーサー "@unashield" でどのような変換がされているかを教えてください を参照してください。

SORACOM LTE-M Button for Enterprise および SORACOM LTE-M Button Plus

フォーマット名説明
@buttonSORACOM LTE-M Button for Enterprise および SORACOM LTE-M Button Plus から送信されたデータから、clickTypeclickTypeNamebatteryLevel を出力します。ボタンクリック時のデータを SORACOM Harvest Data で確認する を実施してデバイスをセットアップすると、@button が設定されます。
@button.ifttt

IFTTT の Webhook に合わせて以下の値が割当たります。

  • value1 : clickTypeName (SINGLE / DOUBLE / LONG)
  • value2 : clickTypeName の日本語表記 (シングル / ダブル / ロング)
  • value3 : batteryLevel を 100 倍した値

clickTypeName および batteryLevel については、ボタンクリック時のデータを SORACOM Harvest Data で確認する を参照してください。

Lagoon で可視化する場合は @button を利用してください
@button.ifttt を選択すると、文字列が出力されます。Harvest Data に保存された文字列は、Lagoon では可視化できません。

MessagePack

フォーマット名説明
@msgpackMessagePack で送信されるデータ形式に対応しています。詳しくは、SORACOM 公式ブログの IoT デバイスのバイナリーデータを JSON 変換する「バイナリーパーサー」が MessagePack に対応! を参照してください。