Soracom

Users

ドキュメント

登録項目リファレンス

AWS 認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「AWS 認証情報」を選択する。
AWS Access Key IDYプログラムから AWS へのリクエストに署名するために使用される AWS Access Key ID を入力する。
AWS Secret Access KeyYAWS Access Key ID のキーペアである AWS Secret Access Key を入力する。

登録した認証情報の利用例は、SORACOM Funnel の Kinesis Firehose アダプターを使用してクラウドにデータを収集する(コンソール版) で、SORACOM Funnel での設定例を参照してください。

AWS IAM ロール認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「AWS IAM ロール認証情報」を選択する。
ロール ARNYロール ARN を入力する。
外部 IDY外部 ID を入力する。 外部 ID とは AWS のアカウントの IAM ロールを他のアカウントから AssumeRole する際に指定できるキーです。詳細は AWS のサイトを 確認 ください。

Azure 認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「Azure 認証情報」を選択する。
Policy nameYAzure の処理に適した Policy name を入力する。
KeyYPolicy name に対応するキーペアである Key (Private Key) を入力する。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Azure Event Hubs アダプターを使用する で、SORACOM Funnel での設定例を参照してください。

事前共有鍵 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「事前共有鍵」を選択する。
事前共有鍵Y事前共有鍵を入力する。通信を暗号化する時に、事前に別の手段で共有された秘密鍵を指定します。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: AWS と接続する で、SORACOM Beam での設定例を参照してください。

X.509 証明書 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「X.509 証明書」を選択する。
秘密鍵 (key)Y秘密鍵を入力する。
証明書 (cert)Y証明書を入力する。
CA 証明局CA 証明局を入力する。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Azure IoT Hub と X.509 証明書で認証した接続をする で、SORACOM Beam での設定例を参照してください。

API トークン認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「API トークン認証情報」を選択する。
API トークンY認証済みユーザーを識別するための文字列である API トークンを入力する。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Azure Functions を呼び出し Microsoft Teams へ通知する で、SORACOM Funk での設定例を参照してください。

ユーザー名・パスワード認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「ユーザー名・パスワード認証情報」を選択する。
ユーザー名Yユーザー名を入力する。
パスワードYパスワードを入力する。

Azure IoT Hub 認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「Azure IoT Hub 認証情報」を選択する。
Access policy name共有アクセスポリシーで指定する Access policy name を入力する。
Shared access keyYAccess policy name のキーペアである Shared access key を入力する。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Azure IoT Hub と接続する で、SORACOM Beam での設定例を参照してください。

PubNub 認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「PubNub 認証情報」を選択する。
Publish KeyYPubNub の発行キー (Publish Key) を入力する。
Subscribe KeyYサブスクライブキー (Subscribe Key) を入力する。

Google IoT 認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「Google IoT 認証情報」を選択する。
Project IDYProject ID を入力する。Google Cloud Console より 確認 してください。
RegionYasia-east1 など、レジストリの Region を入力します。
Registry IDYデバイス作成時に指定した Registry ID を入力する。
Device IDYデバイス作成時に指定した Device ID を入力する。
AlgorithmYデバイス作成時に指定した Algorithm を入力する。
Private KeyYデバイス作成時に指定した Private Key を入力する。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Google IoT Core と接続する で、SORACOM Beam での設定例を参照してください。

Google Service Account (JSON) 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「Google Service Account (JSON)」を選択する。
CredentialsYGoogle サービスアカウントへのアクセス権の秘密鍵を含む Credentials を入力する。詳細は Google Cloud のサイトを 確認 してください。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Google Cloud Pub/Sub アダプターを使用する で、SORACOM Funnel での設定例を参照してください。

Watson IoT 認証情報 

項目必須項目入力する内容
認証情報 IDYユニークな ID を入力する。
概要認証情報の概要を入力する。
種別Y「Watson IoT 認証情報」を選択する。
Device TypeYDevice Type を入力する。
Device IDYDevice ID を入力する。
Authentication TokenYAuthentication Token を入力する。

登録した認証情報の利用例は Getting Started: Google Cloud Pub/Sub アダプターを使用する で、SORACOM Funnel での設定例を参照してください。