MENU

Soracom

Users

認証情報ストアのユースケース

IoT デバイスからのデータを収集、蓄積

認証情報ストアを利用する SORACOM のサービスの例としては、SORACOM Beam, SORACOM Funnel が挙げられます。クラウドやお客様のバックエンドサーバーへのデータ送信を行う際には、通常クラウドなどを利用するための認証情報が必要となります。当認証情報は、認証情報ストア機能を使って管理されます。他にも TCP / HTTP 通信時に利用可能な署名情報を生成するための事前共有鍵や、MQTTS 通信のためのクライアント証明書、などが相当します。

認証情報ストアに登録できる主な認証情報は以下のとおりです。

また、各 SORACOM サービスからの利用例は以下に掲載されています。