Soracom

Users

ドキュメント

診断機能を利用する

以下の手順で、IoT SIM の診断を開始できます。

  1. ユーザーコンソール にログインし、診断機能を利用する IoT SIM にあわせてカバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s の IoT SIM に対して診断機能を利用する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

    SIM 管理画面が表示されます。

  2. [メニュー][SIM 管理] の順にクリックします。

    SIM 管理画面が表示されます。

  3. 診断対象の IoT SIM にチェックを入れて、[操作][接続状況を診断] の順にクリックします。

    診断画面が表示されます。デフォルトでは、現在から過去 30 分間を対象に診断します。

  4. 他の時間を診断する場合は、時計のアイコンをクリックして診断対象の時間を選択します。

    診断結果が表示されます。

    • 診断は、過去 14 日間まで可能です。
    • セッションが切断されない場合は、データ通信量は約 5 分単位で集計されるため、診断で取得できるようになるには 5 ~ 10 分程度かかる場合があります。
  5. [インサイト] に表示された診断結果を確認します。

    項目説明
    診断結果のサマリ診断結果の概要が表示されます。
    通信がどの段階まで成功しているかを示す図

    カテゴリの概要は以下のとおりです。詳しくは、データを送受信できない原因を調べる を参照してください。

    カテゴリ説明
    SIM の状態IoT SIM のステータス が通信できたステータスかどうかを診断します。
    セッション指定期間中に セッション が確立されていたかどうかを診断します。指定期間中に Created イベントが記録されていた場合は、イベント以降にセッションが確立されていたと診断されます。また、Delete イベントが記録されていた場合は、イベント以前にセッションが確立されていたと診断されます。
    データ通信指定期間中に、データ通信が行われたかどうかを診断します。なお、データ通信が行われた場合は、セッションは確立されています。

    カテゴリごとに、問題が発生しているかどうかをアイコンとメッセージで表します。

    • (NONE): カテゴリで問題は発生していません。
    • (INFO): カテゴリで問題があったが、ほかのカテゴリで問題があったことが原因です。ほかのカテゴリの問題を解決してください。
    • (WARNING): カテゴリで問題の要因となる可能性があります。
    • (ERROR): カテゴリで問題が発生していました。メッセージに従ってください。
    各段階における診断結果詳細

    診断結果詳細 (各個のインサイト) には以下の情報が記載されています。

    • 診断結果の重要度 (: NONE、: INFO、: WARNING、: ERROR)
    • 診断結果
    • 参考ドキュメントの URL

    各インサイト には ID が振られています。ID とメッセージの一覧は インサイト を参照してください。

    指定した日時に障害があった場合には、SORACOM Status Dashboard の情報も表示されます。

SORACOM API による利用

SORACOM API の仕様について詳しくは、SORACOM API リファレンスを参照してください。

診断結果として取得できる インサイト のインサイト ID や重要度をもとに、監視する機能を実現できます。