MENU

Soracom

Users

診断機能のユースケース

1 つの画面での問題切り分け

SORACOM IoT SIM が通信できるようになるまでにはいくつかのステップがあります。SORACOM API や SORACOM ユーザーコンソールにて各種情報を収集することで問題切り分けができますが、診断機能を用いることで 1 つの画面で確認ができます。

また、問題解決を支援するドキュメントリンクも参照できるため、問題発生時により速く対処できるようになります。

API の利用による問題切り分け

診断機能自身も SORACOM API・SORACOM CLI から利用できます。お客様のシステムに組み込むことでさらに速い対処が可能になります。API から利用する際に活用できる インサイトの一覧 も提供しています。

API での利用方法は 診断機能を利用する - API による利用 を参照してください。