Soracom

Users

ドキュメント

メールアドレスを追加する

プライマリメールアドレス、リカバリメールアドレス、請求メールアドレス、サポートメールアドレスを追加したり変更したりするために、まずはメールアドレスを追加して宛先が正しいことを検証します。

メールアドレスは、オペレーター単位で追加します。カバレッジタイプごとに設定することはできません。

1 つのオペレーターに対して、メールアドレスを最大 10 件登録できます。なお、プライマリメールアドレスが 1 件登録済みのため、追加できるメールアドレスは最大 9 件です。

請求書送付先メールアドレスを変更するには
請求書情報を更新 してください。
  1. SORACOM ユーザーコンソール にルートユーザーでログインし、右上のユーザー名が表示されているボタンをクリックして、[メールアドレス設定] をクリックします。

    メールアドレス設定

    ルートユーザーでログインしてください

    SAM ユーザーでログインした場合は、メールアドレスを追加できません。

  2. [メールアドレスを追加] の入力欄に、追加するメールアドレスを入力して [検証] をクリックします。

    パスワードを入力する画面が表示されます。

  3. ルートユーザーのパスワードを入力して、[検証メールを送信] をクリックします。

    追加したメールアドレス宛てにメールが送信されます。

  4. メールに記載された URL にアクセスします。

    メールアドレスが追加され、[メールアドレスを追加] にメールアドレスが表示されます。

    続けて、追加したメールアドレスを プライマリメールアドレス、または リカバリメールアドレス / 請求メールアドレス / サポートメールアドレス に設定してください。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、メールアドレスを追加できます。

SORACOM CLI を利用するには、あらかじめ SORACOM CLI をインストールし、ルートユーザーの認証情報を保存してください。詳しくは、SORACOM CLI をインストールする を参照してください。

  1. soracom emails issue-add-email-token (Email:issueAddEmailToken API) を使用します。

    $ soracom emails issue-add-email-token --email ${email} --password '${password}'
    

    メールアドレス宛てにメールが送信されます。

  2. メールに記載された URL にアクセスします。

SORACOM API を利用するには、API キーと API トークンが必要です。詳しくは、API キーと API トークン を参照してください。

  1. Email:issueAddEmailToken API を使用します。

    $ curl -v -X POST https://api.soracom.io/v1/operators/add_email_token/issue \
    -H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
    -H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN" \
    -H "Content-Type: application/json" \
    -d '{
        "email": "${email}",
        "password": "${password}"
    }'
    

    メールアドレス宛てにメールが送信されます。

  2. メールに記載された URL にアクセスします。