Soracom

Users

ドキュメント

利用料金が設定金額を超えたときに任意のメールアドレスにメールを送信する (イベントハンドラー)

「オペレーターの今月の利用料金」が設定金額を超えたときに、任意のメールアドレスにメールを送信するイベントを作成します。

  • 設定金額を超えたときに、月ごとに 1 回だけメールを送信します。
実際の利用料金とイベントハンドラーで評価する「オペレーターの今月の利用料金」の違い

実際の利用料金と、イベントハンドラーで評価する「オペレーターの今月の利用料金」は異なります。詳しくは、今月の利用料金が設定金額を超えたら実行 を参照してください。

設定金額以上の利用料金の発生を防止する機能ではありません
  • 設定金額以上の利用料金が発生したことが確認できたときにメールが送信されますが、設定金額以上の利用料金の発生は防止できません。設定金額を超過した利用料金は、お客様に負担していただきます。
  • 利用料金は、サービスを利用した瞬間に発生します。一方、利用料金が発生してから、イベントハンドラーが確認する「オペレーターの今月の利用料金」が集計されるまでに、1 日程度の時間がかかる場合があります。

サービスの利用料金は、カバレッジタイプ ごとに単価が異なるため、カバレッジタイプごとに請求されます。イベントハンドラーでも、カバレッジタイプごとに金額を設定します。

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインし、カバレッジタイプを変更します。

    たとえば、plan01s などグローバルカバレッジの利用料金を監視する場合は、グローバルカバレッジの表示に変更します。詳しくは、SORACOM ユーザーコンソールで表示するカバレッジタイプを変更する を参照してください。

  2. [Menu][イベントハンドラー] の順にクリックします。

    イベントハンドラー イベントハンドラー

  3. [イベント作成] をクリックします。

    イベント作成 イベント作成

  4. イベントの名前と概要を入力します。

    項目説明
    [イベント名]任意のイベント名を入力します。
    [概要]任意の文字列を入力します。
  5. [監視対象] で「オペレーター」を選択します。

  6. ルール を設定します。

    項目説明
    [ルール]「今月の利用料金が設定金額を超えたら実行」を選択します。
    [円] / [USD] *「オペレーターの今月の利用料金」のしきい値を入力します。単位は円 (日本カバレッジの場合)、または USD (グローバルカバレッジの場合) です。12147483647 の整数を指定します。
    [再評価を行うタイミング]「翌月初」を選択します。
    [オフセット (分)]空欄のままにします。
    [再評価を行うタイミングまで実行しない]チェックを入れないままにします。[ルール] で「今月の利用料金が設定金額を超えたら実行」を選択したときは効果がありません。
  7. [アクション追加] をクリックし、アクション を設定します。

    利用料金がしきい値を超えたことを検知したときに、すぐにメールを送信するアクションです。

    項目説明
    [アクション]「メールを送る」を選択します。
    [実行するタイミング]「すぐに実行」を選択します。
    [オフセット (分)]空欄のままにします。
    [宛先]メールの送信先メールアドレスを入力します。複数のメールアドレスは指定できません。
    [件名]メールの件名を入力します。(*1)
    [本文]メールの本文を入力します。(*1)
    • (*1) 以下の変数を指定すると便利です。そのほかにも指定できる変数があります。詳しくは、アクションで利用できる変数 を参照してください。
      • ${operatorId}: オペレーター ID に置き換えられます。
      • ${coverage}: カバレッジタイプ (jp または g) に置き換えられます。
      • ${limitTotalAmount}: 「オペレーターの今月の利用料金」のしきい値に置き換えられます。
      • ${currentTotalAmount}: 集計時の「オペレーターの今月の利用料金」に置き換えられます。
  8. [有効] にチェックが付いていることを確認して、[作成] をクリックします。