Soracom

Users

ドキュメント

イベント一覧画面で作成する

SORACOM ユーザーコンソールで、[Menu][イベントハンドラー] を選択するとイベント一覧画面が表示されます。この画面では、イベントハンドラーで利用できるすべての監視対象、ルール、およびアクションを詳細に指定できます。

従来の SIM 管理画面でイベントを作成することもできます

従来の方法で監視する (イベントを作成する) 場合は、従来の SIM 管理画面で作成する を参照してください。

なお、従来の方法で作成したイベントも、このイベント一覧画面に表示されます。従来の方法で作成したイベントをこの画面で編集すると、従来の方法では表示されなくなったり編集できなくなったりする場合があります。

イベント編集画面で作成する 

イベントハンドラーの仕組み で説明したとおり、イベントは「監視対象」「ルール」「アクション」の 3 つの要素を設定します。

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインし、[Menu][イベントハンドラー] の順にクリックします。

    イベントハンドラー

  2. [イベント作成] をクリックします。

    イベント作成

  3. [イベント名] * および [概要] を入力します。

  4. 監視対象 (イベントを実行する対象) を指定します。

    各対象に含まれる IMSI がそれぞれ監視の対象となります。

    監視対象説明
    サブスクライバー[サブスクライバ] を選択し、SIM ID 、IoT SIM の名前、グループ名、または IMSI の一部を入力すると、IMSI の一覧が表示されます。IMSI を選択してください。
    グループ[グループ] を選択し、グループ名またはグループ ID の一部を入力すると、グループ ID の一覧が表示されます。グループ ID を選択してください。
    IoT SIM[SIM] を選択し、SIM ID 、IoT SIM の名前、グループ名、または IMSI の一部を入力すると、SIM ID の一覧が表示されます。SIM ID を選択してください。
    オペレーター[オペレーター] を選択してください。
  5. ルールを指定します。

    ルールについては、ルールタイプ一覧 を参照してください。

  6. [アクション追加] をクリックして、アクションを指定します。

    アクションについては、アクションタイプ一覧 を参照してください。

    1 つのイベントに対して複数のアクションを指定する場合は、手順 6 を繰り返します。

    アクション

  7. [有効] にチェックを入れて、[作成] をクリックします。

JSON インポート機能で作成する 

EventHandler:createEventHandler の HTTP ボディに指定する JSON をインポートして、イベントを作成できます。JSON は、ファイルまたは文字列で指定できます。

  1. SORACOM ユーザーコンソール にログインし、[Menu][イベントハンドラー] の順にクリックします。

  2. [インポート] をクリックします。

    インポート

    テンプレートをインポート画面が表示されます。

    テンプレートをインポート

  3. テキストボックスに JSON を入力します。

    たとえば {} を削除して、IoT SIM の速度変更時に Slack に通知するサンプル のサンプルをコピー&ペーストします。

    [ファイルを選択] をクリックして JSON ファイルを選択しても、イベントを作成できます。

    テンプレートをインポート

  4. [イベント作成] をクリックします。

    イベント一覧画面に戻ります。

JSON のサンプルは、設定サンプル を参照してください。