MENU

Soracom

Users

送信するデータフォーマット

クラウドサービスの Function を直接実行

Funk は利用するクラウドに応じたデータフォーマットを送信します。

AWS Lambda

  • event: ユーザーが指定したデータ形式でリクエスト Body の値が設定されます。

  • context (クライアントコンテキスト) : 以下のデータフォーマットが設定されます。Python ランタイムの場合 Lambda context オブジェクト 内の client_context.custom に以下のような JSON を元にした dict が格納されます。以下は SORACOM LTE-M Button for Enterprise からのリクエスト例となります。

    {
      "custom": {
        "srn": "srn:soracom:OP00XXXXXXXX:jp:Subscriber:44052XXXXXXXXXXX",
        "operatorId": "OP00XXXXXXXX",
        "sourceProtocol": "udp",
        "resourceId": "44052XXXXXXXXXXX",
        "resourceType": "Subscriber",
        "imsi": "44052XXXXXXXXXXX",
        "imei": "35956XXXXXXXXXX"
      }
    }
    

Azure Functions / Google Cloud Functions

以下のデータフォーマットが渡されます。

  • method: ‘POST’ が指定されます
  • body: 指定したデータ形式でリクエスト Body の値が設定されます。
  • headers: user-agent には ‘SORACOM Funk’ が指定されます。 content-type には’application/json' が指定されます。 x-soracom-token には JWT 形式のトークンが指定されます。