MENU

Soracom

Users

グループ設定

Namespace: SoracomFunk

Funk は利用する IoT SIM の所属するグループに設定します。利用するクラウドサービスや送信するデータの形式、認証情報を指定できます。 グループの設定方法は こちら を参照してください。

Funk の設定の例と各キーの説明は、以下のとおりです。

コンフィグパラメータ

"SoracomFunk": {
  "enabled": true | false, // 機能自体のオンオフ、デフォルトは false
  "destination" : {
    "provider": "aws" | "azure" | "google", // 利用するクラウドサービス
    "service": "lambda" | "function-app" | "cloud-functions", // クラウドサービスに応じて変更
    "resourceUrl": "各サービスのリソース情報" // クラウドサービスに応じて変更 (以下設定例参照)
  },
  "contentType": "unspecified" | "application/json" | "text" | "binary" // 送信するデータ形式
}

設定例

AWS Lambda

resourceUrl として AWS Lambda の ARN を指定する際に末尾に :VERSION を指定することで呼び出す AWS Lambda の Version を指定できます。

Funk は Lambda ランタイムには依存しませんので、任意の Lambda ランタイムの Function を利用できます。

"SoracomFunk": {
    "destination": {
        "provider": "aws",
        "service": "lambda",
        "resourceUrl": "AWS Lambda の ARN"
    },
    "credentialsId": {
        "$credentialsId": "AWS 認証情報"
    },
    "contentType": "application/json",
    "enabled": true
}

Azure Functions

"SoracomFunk": {
    "destination": {
        "provider": "azure",
        "service": "function-app",
        "resourceUrl": "Azure functions の URL"
    },
    "credentialsId": {
        "$credentialsId": "Azure 認証情報"
    },
    "contentType": "application/json",
    "enabled": true
}

Google Cloud Functions

"SoracomFunk": {
    "destination": {
        "provider": "google",
        "service": "cloud-functions",
        "resourceUrl": "Google Cloud Functions のURL"
    },
    "contentType": "application/json",
    "enabled": true
}