Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Funk の仕組み

Funk の仕組みは以下の通りです。

Funk概要

  1. クラウドサービスの Function を作成: クラウドサービスの Function サービスを設定します。Funk は AWS Lambda, Google Cloud Functions, Azure Functions に対応しています。
  2. Funk を実行: Funk のエンドポイントに対して 任意のデバイス、プロトコルを利用し Funk を実行します。Funk は通信方式 3G/LTE, LoRaWAN, Sigfox に対応し、通信プロトコルでは TCP, UDP, HTTP, SMS, USSD, LPWA に対応しています。
  3. クラウドサービスの Function で認証: Funk からクラウドサービスへアクセスする際に、HTTP(S) ヘッダにトークンを付与できます。そのトークンを検証することで、任意の回線やデバイスからのアクセスであることを認証できます。