MENU

Soracom

Users

Amazon Kinesis Video Stream アダプターを使用する (Limited Preview)

Kinesis Video Streams アダプタは Limited Preview として提供していましたが新規の受付を終了させていただきました。Limited Preview については FAQ をご参照ください。

当ガイドでは、Funnel Amazon Kinesis Video Stream アダプター(Funnel KVS) を使用して Amazon Kinesis Video Streams にデータを送信します。

Funnel KVS は、SORACOM Funnel のアダプターの一つです。Kinesis Video Streams の接続先のリソースを指定するだけで、データを指定のリソースにインプットできます。クラウドサービスへアクセスするためのパスワードをデバイスに保持する必要もなく、デバイスに Kinesis Video Streams SDK をインストールする必要もありません。Amazon Kinesis Video Streams については AWS サイト をご確認ください。

前提条件は以下の通りです。

  • Limited Preview に申請し、提供を受けていること
  • 事前に AWS Access Key、Secret Key を用意してください。
  • Kinesis Video Stream を作成してください。

当ガイドでは、以下のような流れで進めます。

ステップ 1: グループを作成する

SIM のグループを作成してください。

Funnel KVS

ステップ 2: クレデンシャルを登録する

セキュリティの設定をクリックしてください。

Funnel KVS

AWS クレデンシャル情報を入力してください。Amazon Kinesis Video Streams の権限があることを確認してください。 ここでは、「KinesisVideoStreamPutMedia」という名前で作成します。

Funnel KVS

ステップ 3: Limited Preview 用 VPG の利用を設定する

Limited Preview では、ソラコムにて用意した専用の VPG をご利用いただく必要があります。みなさまご自身のテスト用の SIM グループを下記の手順で当該 VPG へ紐付けしてください。

VPG の設定方法は Limited Preview のご案内の際にご連絡いたします。

ステップ 4: Funnel を設定する

グループの Funnel タブから以下を設定してください。

  • 転送先サービス:Amazon Kinesis Streams
  • 転送先 URL: <region><delivery stream name> を Kinesis Video Stream のものに置き換えてください。
  • 認証情報:先に作成した認証情報(ここでは KinesisVideoStreamPutMedia) を選択してください。
  • 送信データ形式:「バイナリ」を選択してください。

ステップ 5: ビデオストリームを送信する

データの送信は、ビデオストリームを nc コマンドに渡し、Funnel のエンドポイントに送信します。Raspberry Pi カメラの場合、ストリーミング配信には raspivid を使用すると容易です。

デバイスの送信コマンドに関するお問い合わせは対応できかねますので、ご了承のほどお願いいたします。

$ raspivid -t 0 -w 320 -h 240 -o - | nc funnel-video.soracom.io 23080

Gstream の場合、以下のコマンドで動作を確認しております。

$ gst-launch-1.0 -v v4l2src device=/dev/video0 ! video/x-raw,format=YUY2,width=320,height=240,framerate=30/1 ! videoconvert ! x264enc byte-stream=true ! tcpclientsink host=funnel.soracom.io port=8264 sync = false

「Funnel Amazon Kinesis Video Stream アダプターを使用する」は以上となります。