Soracom

Users

ドキュメント

制限事項と注意事項

SORACOM Funnel には以下の制限があります。

整数データへ変換される制限は無くなりました

2021 年 8 月 3 日以降、小数点以下がすべて 0 のデータ (例: {"temperature": 20.0}) をクラウドサービスに送信するときに、小数点 1 桁目の 0 が維持されるようになりました。 たとえば、{"temperature": 20.0} をデバイスから送信すると、SORACOM Funnel で整数データに変換されることなく、{"temperature": 20.0} のままクラウドサービスに送信されます。

ただし、{"temperature": 20.00} を送信すると、小数点 1 桁目の 0 のみが維持され、{"temperature": 20.0} が送信されます。

データ送信サイズ 

  • HTTP: 約 780 KB (800000 バイト)
  • TCP: 64 KB (ただし SORACOM Binary Format の利用が必要)
  • UDP: 1 つの UDP データグラムで送信できるペイロード長

非同期通信 

Funnel はその設計ポリシーとしてスケーラビリティを最重要視しており、デバイスからの各リクエストは一旦 SORACOM プラットフォーム上でバッファリングされ、非同期に各サービスへデータを送信する仕組みとなっています。そのため、クラウドサービスからレスポンスを返すことはできず、データ処理が成功したか 失敗したかをデバイスが直接知ることもできません (失敗時にはエラーログが記録されます)。

送信されたデータの処理結果をすぐに知りたい場合や、デバイス自体が再送を行いたい場合には、Beam の利用も検討してください。