Soracom

Users

ドキュメント

よりセキュアな使用

Private Garden 

Private Garden は、Beam、Funnel、Harvest のエントリポイントのみにアクセスできる機能です。Private Garden 機能を適用したグループに含まれる SIM からは直接インターネットにアクセスできないため、よりセキュアにソラコムのサービスを利用できます。

Private Garden の利用は、Private Garden 機能を使用する を参照してください。

VPG を使用した Funnel 

VPG (Virtual Private Gateway) とはお客様からのリクエストに応じて個別に用意されるお客様専用のゲートウェイです。VPG の適用は、IoT SIM や各種デバイスのグループごとに設定を行います。これによって、通信を経由させる VPG をグループ単位で切り替えることができます。 VPG を適用した SIM グループでも Funnel を利用できます。VPG のオプションである VPG 固定グローバル IP アドレスオプションを使用することで、Funnel 通信のアクセス元 IP アドレスを固定できます。これにより、お客様は、IoT バックエンドシステムへのアクセス制御を IP アドレスベースで容易に設定できます。VPG を適用した IoT SIM グループに含まれる IoT SIM からのアクセスは、必ず2つの IP アドレスのうちいずれかをソース IP アドレスとした通信となります。IoT SIM の枚数が増えても同じグローバル IP アドレスからとなりますので、容易な運用でアクセス制御が可能となります。(Air for LoRa および Air for Sigfox の Beam 送信元 IP アドレスには適用できません。)