Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Funnel のユースケース

クラウドサービスへのデータ送信にあたってデバイス上に必要な SDK を使った実装や認証を Funnel が肩代わりします。デバイス側はシンプルな実装で指定のクラウドサービスにデータを送信できます。

データ送信にはさまざまなプロトコルが利用できます。

  • HTTP POST
  • TCP/UDP のソケット通信
  • LoRaWAN や Sigfox などの各種 LPWAN 通信
  • IoT SIM (グローバルカバレッジの SIM) では SMS や USSD

また以下のような SORACOM サービスをデータソースとすることもできます。

  • Inventory で管理されているデバイスのデータ更新イベント
  • Junction のインスペクション機能でサマリーされたパケット統計情報

SORACOM Beam との違い 

SORACOM Beam はお客様の指定する任意のエンドポイントにデータを転送します。 Funnel は、Beam とは異なり、 SORACOM がサポートするクラウドおよび SORACOM のパートナークラウドへの転送のみ可能となります。例えば IaaS 上やオンプレミス環境にユーザーが独自に構築したバックエンドサーバーへデータを送信することはできません。

送信先が汎用的なプロトコルではない一方で、最小限の手間で、迅速にクラウドサービスを利用できます。