MENU

Soracom

Users

SORACOM Gate の特徴

Gate には IoT デバイスの活用に役立つ 2 つの機能があります。

クラウド to デバイス通信 (SORACOM Gate C2D)

SORACOM 外のネットワークと Gate を有効化した VPG との間で、トンネルを張ることによって仮想的な L2 ネットワークを構成できます。トンネリングされた SORACOM 外のネットワークと、VPG 配下のデバイスのネットワークが接続され、SORACOM 外のネットワークから VPG を経由してデバイスにプライベート IP アドレスでアクセスできるようになります。なお、現時点ではトンネリング技術として VXLAN を採用しています。

Gate C2D

デバイス間通信 (SORACOM Gate D2D)

Gate を有効化すると、VPG と IoT デバイスが同じ仮想的なサブネット (Virtual Subnet) に配置されます。すなわち Gate が有効化されているグループに所属するデバイスであれば、グループ内のデバイス同士で通信することも可能です。

Gate D2D

デバイスに固定のプライベート IP を割り当て

デバイスに固定のプライベート IP を割り当てられます。