MENU

Soracom

Users

トラブルシューティングガイド

デバイスとうまく通信できないときは、次の 4 つの項目を確認ください。

  • VPC Peering のリクエストを承認しているか
  • VPC の RouteTable に適切に経路を設定しているか
  • VXLAN の設定コマンドに誤りがないか
  • IoT SIM の所属グループを変更した後に、3G/LTE セッションを再作成しているかどうか

以下に具体的な確認方法をまとめました。チェックポイント 1 から順に確認してみてください。

チェックポイント 1: VPG と Gate Peer の疎通を確認

Gate Peer とデバイスが通信するためには、まず Gate Peer と VPG で疎通が取れていることが必要です。(a),(b)の手順で疎通をチェックしてください。

  • (a) Gate Peer から VPG の「トンネル接続用 IP アドレス」(当ガイドの例だと 100.67.xxx.68, 100.67.xxx.84)に対して疎通確認
    • 疎通が取れない場合、VPC ピア接続に問題があると考えられます。VPC Peering のリクエストを承認しているか、VPC の RouteTable やインスタンス内部の経路設定が正しく行われているか確認してください。
    • 疎通が取れたら、続いて(b)「デバイスサブネット内 IP アドレス」への疎通を確認してください。
  • (b) Gate Peer から VPG の「デバイスサブネット内 IP アドレス」に対して疎通確認
    • 疎通が取れない場合、Gate が有効化されていないか、VXLAN の設定に問題があると考えられます。VXLAN の設定は、以下の「ポイント 2」に沿って確認してください。
    • 疎通が取れたら、続いて「ポイント 3」に沿ってデバイスのセッション再作成を試してください。

チェックポイント 2: Gate Peer の VXLAN 設定を確認

当ガイドのステップ 3 で実行した VXLAN 設定コマンドに誤りがないか確認してください。IP アドレスの入れ違い、タイプミス等があると、正しく設定ができず通信できないことがあります。

また、Gate Peer で 4789/udp (VXLAN) の通信が許可されているか合わせて確認してください。Gate Peer の EC2 セキュリティグループや Gate Peer 内部のファイアウォールで、4789/udp が拒否されていると正しく通信できません。

チェックポイント 3: デバイス側のセッションを再作成

Gate Peer と VPG の疎通に問題ないようであれば、デバイス側でセッション切断・再接続をお試しください。IoT SIM グループの VPG 設定を変更したときには、セッションを作り直さないと設定が反映されません。

セッションを再作成する方法には、以下があります。

  • デバイスが手元にある場合
    • スマホ・タブレット等:Air Plane モード (機内モード)がある場合、 On / Off を実施
    • Raspberry Pi 等の場合:3G/LTE の再接続 (ppp のリスタートなど)
    • その他:デバイス自体の再起動
  • デバイスが遠隔地にある場合 (※デバイス側にセッション再接続の仕組みがあることを事前に確認してください)
    • ユーザーコンソールから、当該 SIM の状態を一旦「休止」に設定して、再度「使用開始」に戻す
    • deleteSubscriberSession API を実行

上記すべてを試しても通信できないようであれば、以下の情報をお書き添えの上サポートチケットでお問い合わせください。

  • VPG ID
  • 疎通確認に使用した SIM の IMSI
  • デバイスの詳細 (製品名、型番、メーカー)
  • 疎通確認を行った際のコマンドとログ全文

上記と合わせて、事前にお客様の Gate Peer で以下のコマンドを実行した結果をチケットに添付してお送りいただけると、調査がスムーズに進みますのでご協力お願いいたします。

$ wget https://soracom-files.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/get_gate_peer_info.sh
$ chmod +x ./get_gate_peer_info.sh
$ sudo ./get_gate_peer_info.sh {VPG トンネル接続用 IP アドレス1} {VPG デバイスサブネット内 IP アドレス1} {VPG トンネル接続用 IP アドレス2} {VPG デバイスサブネット内 IP アドレス2} {デバイスの IP アドレス}