Soracom

Users

ドキュメント

トンネリング技術とオーバレイネットワークの概要

Gate で使用している仮想的な L2 ネットワークは、トンネリング技術 (トンネル接続) と、その上で構築される仮想的な L2 ネットワーク (オーバレイネットワーク) によって実現されています。

「トンネリング技術 (トンネル接続)」とは、あるネットワークの上に、仮想的に別のネットワークを構築する技術です。このとき、その上に構築された仮想的なネットワークは、もともとのネットワークの上に重なる (overlay) ように構成されるため、「オーバレイネットワーク」と呼ばれます。このオーバレイネットワークを実現するために、Gate では、VXLAN (Virtual eXtensible Local Area Network) を使用しています。「IoT SIM」と「Gate Peer」は、L3 (ネットワークレイヤーの第 3 層。ネットワーク層) で分断されていますが、この VXLAN を使用することで、L2 (ネットワークレイヤーの第 2 層。データリンク層) で同じネットワークに接続されているように通信できます。

トンネリング技術 トンネリング技術

IoT SIM から Gate Peer にデータを送信する場合

IoT SIM から VPG を経由して Gate Peer にデータを送信する場合は、以下のように動作します。

トンネリング技術 - パケット模式図 トンネリング技術 - パケット模式図

  1. IoT SIM では、「Gate Peer のデバイスサブネット内 IP アドレス (Inner IP Address)」を宛先に指定してデータを送信します。
  2. VPG では、「Gate Peer のデバイスサブネット内 IP アドレス」が宛先に指定されたパケットを、「Gate Peer のトンネル接続用 IP アドレス (Outer IP Address)」を宛先に指定したパケットで包んで (カプセル化して)、Gate Peer に送信します。
  3. Gate Peer では、「Gate Peer のトンネル接続用 IP アドレス (Outer IP Address)」を宛先に指定された (カプセル化された) パケットから、「Gate Peer のデバイスサブネット内 IP アドレス」が宛先に指定されたパケットを取り出します。
  4. Gate Peer では、「Gate Peer のデバイスサブネット内 IP アドレス」が宛先に指定されたパケットから、データを取り出します。

Gate Peer から IoT SIM にデータを送信する場合

逆に、Gate Peer から VPG を経由して IoT SIM にデータを送信する場合は、以下のように動作します。

トンネリング技術 - パケット模式図 トンネリング技術 - パケット模式図

  1. Gate Peer では、「IoT SIM のデバイスサブネット内 IP アドレス (Inner IP Address)」を宛先に指定したパケットを作成します。
  2. さらに Gate Peer で、「IoT SIM のデバイスサブネット内 IP アドレス」が宛先に指定されたパケットを、「VPG のトンネル接続用 IP アドレス (Outer IP Address)」を宛先に指定したパケットで包んで (カプセル化して)、VPG に送信します。
  3. VPG では、「VPG のトンネル接続用 IP アドレス (Outer IP Address)」を宛先に指定された (カプセル化された) パケットから、「IoT SIM のデバイスサブネット内 IP アドレス」が宛先に指定されたパケットを取り出します。
  4. IoT SIM では、「IoT SIM のデバイスサブネット内 IP アドレス」が宛先に指定されたパケットから、データを取り出します。