Soracom

Users

ドキュメント

Public Gate 機能でデバイス間通信を試す

Gate では VPG (Virtual Private Gateway) と呼ばれるゲートウェイをお客様のアカウント専用に作成し、その VPG を通じてデバイスとお客様のシステム間の通信、デバイス間の通信を行います。VPG はお客様専用のものが用意されるため、セットアップ費用やお客様側での設定作業が必要です。

このドキュメントでは、ソラコムが用意した VPG (Virtual Private Gateway) を使って、Gate によるデバイス間通信を簡易的に試すことができる機能である、「Public Gate 機能」の使い方を解説します。この機能を使うとお客様自身で VPG をセットアップする必要なく、すぐにデバイス間通信を試すことができます。検証作業など、デバイス間通信を一時的に試したい時にご利用ください。

本ドキュメントの前提条件は以下のとおりです。

  • SORACOM のアカウントを作成済みであること
  • SORACOM Air の SIM (IoT SIM)、および使用できるデバイスが 2 つ以上準備されていること
Public Gate のご利用にあたっては注意が必要なポイントがあります。あらかじめ 制限事項と注意事項 をご確認ください。
カバレッジタイプを超えてサービスを利用することはできません
グローバルカバレッジと日本カバレッジでは、ほぼ同じ内容のサービスを提供していますが、完全に分離されています。そのため、カバレッジタイプ を超えてサービスを利用することはできません。たとえば、グローバルカバレッジの SORACOM IoT SIM を利用している IoT デバイスと、日本カバレッジの特定地域向け IoT SIM を利用している IoT デバイスでは、SORACOM Gate によるデバイス間通信はできません。

ステップ 1: Public Gate を有効化する 

Public Gate の有効・無効はグループ単位で設定します。まず Public Gate を有効化したいグループに対して設定を行いましょう。

ユーザーコンソールのグループ一覧画面で Public Gate を有効化したいグループをクリックし、グループ設定画面の「基本設定」タブから「SORACOM Air 設定」を開きます。

続いて「SORACOM Air 設定」のメニューを開きます。「VPG (Virtual Private Gateway) 設定」のスイッチを「ON」にセットし、プルダウンメニューから「Shared VPG for Public Gate (PublicGate)」を選択します。

Public Gate設定画面

下方の「保存」ボタンをクリックすれば設定完了です。これで Public Gate が有効化されました。

ステップ 2: Public Gate を利用する IoT SIM をグループに登録する 

続いて、Getting Started Guide 基本的な使い方: SIM グループを設定する を参考に、IoT SIM をステップ 1 で設定したグループに登録します。

IoT SIM グループの VPG 設定を変更したときには、設定を反映させるために 3G/LTE セッションの再作成が必要です。既に通信中のデバイスがあれば、以下いずれかの方法でセッションを再作成してください。

  • デバイスが手元にある場合
    • スマートフォン・タブレット等:Air Plane モード (機内モード) がある場合、 On / Off を実施
    • Raspberry Pi 等の場合:3G/LTE の再接続 (ppp のリスタートなど)
    • その他:デバイス自体の再起動
  • デバイスが遠隔地にある場合 (※デバイス側にセッション再接続の仕組みがあることを事前に確認してください)
    • ユーザーコンソールの「セッション切断」機能で一度 3G/LTE セッションを切断し、デバイスからの再接続を待つ
    • deleteSubscriberSession API を実行

ステップ 3: デバイス間で通信ができることを確認する 

ここまでの設定が終わると、グループに登録された IoT SIM で通信しているデバイスは Public Gate を利用したデバイス間通信ができる状態になっています。一方のデバイスからもう一方のデバイスのプライベート IP に対して通信を行い、疎通が取れることを確認してみましょう。

もし疎通が取れない場合には以下の項目をお確かめください。

  • グループ設定に誤りがないか
  • IoT SIM が Public Gate を有効化したグループに登録されているか
  • 設定実施後に 3G/LTE セッションの再作成が行われているか
  • デバイス側のファイアウォールなどで通信がブロックされていないか

ステップ 4: Public Gate を無効化する 

Public Gate 機能のご利用にあたっては、Public Gate の VPG を有効化した IoT SIM グループに所属する SIM の枚数に応じて VPG オプション利用料が発生します。IoT SIM のよるデバイス間通信が不要となった場合には、設定を無効化します。

ユーザーコンソールでは、グループ設定画面の「基本設定」タブから「SORACOM Air 設定」を開き、「SORACOM Air 設定」のメニューで「VPG (Virtual Private Gateway) 設定」のスイッチを「OFF」にセットすると Public Gate の設定が無効化されます。