MENU

Soracom

Users

Gate Peer での VXLAN 設定の概要

このセクションでは Getting Started: クラウドからデバイスへアクセスするで利用した gate_init_vxlan.sh の内容を解説します。

以下の項目は VPG や Gate Peer の IP アドレスに読み替えてください。

  • {gate_peer_outerIpAddress} : お客様の Gate Peer に実際に割り当てられている IP アドレス。ユーザーコンソールでは「トンネル接続用 IP アドレス」と表示されています。
  • {gate_peer_innerIpAddress} : お客様の Gate Peer がデバイスとの通信に使用する IP アドレス。ユーザーコンソールでは「デバイスサブネット内 IP アドレス」と表示されています。
  • {vpg_outerIpAddress1} : ステップ 2 で確認した VPG の IP アドレスのうち 1 つ (当ガイドの例だと 100.67.xxx.68)
  • {vpg_outerIpAddress2} : ステップ 2 で確認した VPG の IP アドレスのうち 1 つ (当ガイドの例だと 100.67.xxx.84)

カーネルモジュールの読み込み

VXLAN を使用するにはカーネルモジュールの読み込みが必要です。rmmodコマンドで一旦モジュールを外して古い設定を削除し、modprobeコマンドで VXLAN で使用する UDP ポート番号を指定しています。

# rmmod vxlan
# modprobe vxlan udp_port=4789

VXLAN のインタフェースの設定

VXLAN で使用するインタフェースを登録します。

# ip link add vxlan0 type vxlan local {gate_peer_outerIpAddress} id 10 port 4789 4789 dev eth0
# ifconfig vxlan0 {gate_peer_innerIpAddress}/{netmask} up

パケット転送の設定

以下のコマンドは、パケットの転送設定を行うためのものです。この設定を行うことで、Gate Peer からデバイスへの通信が正しくルーティングされるようになります。

# bridge fdb append 00:00:00:00:00:00 dev vxlan0 dst {vpg_outerIpAddress1}
# bridge fdb append 00:00:00:00:00:00 dev vxlan0 dst {vpg_outerIpAddress2}