Soracom

Users

ドキュメント

Harvest Data を有効化する

ここでは、グループの Harvest Data 設定を有効にする手順を説明します。

IoT SIM、LoRaWAN デバイス、Sigfox デバイスに対して Harvest Data を有効にするには、グループを作成し、グループの Harvest Data 設定を有効にして、そのグループに IoT SIM、LoRaWAN デバイス、Sigfox デバイスを所属させます。

Harvest Data は有料のサービスです。Harvest Data が有効になっているグループに所属する IoT SIM 1 枚ごと、LoRaWAN デバイス 1 台ごと、および Sigfox デバイス 1 台ごとにオプション料金が発生します。詳しくは 料金プラン を確認してください。

Harvest Data の設定はグループに対して行います

ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作について詳しくは、グループ設定 を参照してください。

  1. SIM グループ画面、LoRaWAN グループ画面、Sigfox グループ画面、またはデバイスグループ画面で [SORACOM Harvest Data 設定] をクリックします。

    各画面を表示する操作について詳しくは、グループの設定を変更する を参照してください。

  2. スイッチをクリックして「ON」にします。

  3. [保存] をクリックします。

    はじめて SORACOM Harvest Data 設定を「ON」にした場合は、確認画面が表示されます。

  4. [OK] をクリックします。

    確認画面 確認画面

  5. IoT SIM、LoRaWAN デバイス、Sigfox デバイスが所属するグループを切り替えます。

    IoT SIM、LoRaWAN デバイス、Sigfox デバイスから送信したデータが Harvest Data に保存できるようになります。

Harvest Data を無効化する

Harvest Data は有料のサービスです。Harvest Data が有効になっていると SIM 1 枚ごとにオプション料金が発生します。ここでは、グループの設定を変更して、Harvest Data を無効にする手順を説明します。

Harvest Data を有効にしたグループから IoT SIM の所属を解除してもオプション料金の発生を抑えられます。詳しくは、グループ設定を解除 (離脱) する を参照してください。

  1. SIM グループ画面で [SORACOM Harvest Data 設定] をクリックします。

    SIM グループ画面を表示する操作について詳しくは、グループの設定を変更する を参照してください。

  2. スイッチをクリックして「OFF」にします。

  3. [保存] をクリックします。

SORACOM CLI / SORACOM API の場合

SORACOM CLI または SORACOM API を利用しても、Harvest Data の設定を変更できます。

  • SORACOM CLI を利用するには、あらかじめ SORACOM CLI をインストールし、認証情報を保存してください。詳しくは、SORACOM CLI をインストールする を参照してください。
  • {group_id} は、soracom groups list (Group:listGroups API) で取得できます。
  • {namespace} は、SoracomHarvest です。
  • ボディで指定するプロパティについては、ボディで指定するプロパティについて を参照してください。
  • ここでは、グループの設定を変更する操作のみを説明します。グループの仕組みやグループを作成する操作について詳しくは、グループ設定 を参照してください。

Harvest Data を有効化する

soracom groups put-config (Group:putConfigurationParameters API) を使用します。

$ soracom groups put-config --group-id {group_id} --namespace SoracomHarvest \
--body '[
  {
    "key": "enabled",
    "value": true
  }
]'

Harvest Data を無効化する

soracom groups put-config (Group:putConfigurationParameters API) を使用します。

$ soracom groups put-config --group-id {group_id} --namespace SoracomHarvest \
--body '[
  {
    "key": "enabled",
    "value": false
  }
]'

Harvest Data を有効化する

Group:putConfigurationParameters API を使用します。

$ curl -v -X PUT https://api.soracom.io/v1/groups/{group_id}/configuration/SoracomHarvest \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '[
  {
    "key": "enabled",
    "value": true
  }
]'

Harvest Data を無効化する

Group:putConfigurationParameters API を使用します。

$ curl -v -X PUT https://api.soracom.io/v1/groups/{group_id}/configuration/SoracomHarvest \
-H "X-Soracom-API-Key: $X_SORACOM_API_KEY" \
-H "X-Soracom-Token: $X_SORACOM_TOKEN" \
-H "Content-Type: application/json" \
-d '[
  {
    "key": "enabled",
    "value": false
  }
]'

ボディで指定するプロパティについて

以下の keyvalue のペアを配列で指定します。

keyvalue の型value
enabledBoolean

Harvest Data の ON/OFF を設定します。

  • true: ON。Harvest Data を利用できます。
  • false: OFF

想定していない値を指定した場合の動作は、定義されていません。SORACOM CLI / SORACOM API で設定を変更したあとで、SORACOM ユーザーコンソールで意図通りに設定されていることを確認してください。