Soracom

Users

ドキュメント
Home ドキュメント SORACOM Harvest はじめに

SORACOM Harvest Data の特徴

Harvest Data を利用すると、サーバーやクラウドサービスを用意することなく、デバイスが送信したデータを蓄積したり確認したりできます。

Harvest Data を使用して短い間隔 (1 秒に 1 リクエスト等) でデータ送信することを検討されている場合は、ユースケースを添えて セールスチーム にお問い合わせください。

データ保管の仕様について
  • データは、リソース ID (*1) ごとに、データの保存日時 (ミリ秒) をキーとして保存されます。そのため、同一リソース ID から同一タイムスタンプでデータを保存した場合、過去のデータは上書きされます。詳しくは、リソース ID とタイムスタンプが一致した場合の処理について を参照してください。

    (*1) たとえば、IoT SIM を利用した場合は SIM ID のこと。

  • データ保存期間: 40 日間。保存期間を経過したファイルは自動的に削除され、復旧できません。

    なお、データ保持期間延長オプション を利用することで 731 日間に延長できます。この場合も、保存期間を経過したファイルは自動的に削除され、復旧できません。

  • Harvest Data 側での暗号化機能: なし。暗号化が必要な場合はクライアント側でご対応ください。

  • 1 回に保存できるデータサイズの最大値: 100 KB

データを保存する

Harvest Data の エントリポイント、または Unified Endpoint にデータを送信すると、Harvest Data にデータを保存できます。詳しくは、デバイスのデータを SORACOM Harvest Data に保存する を参照してください。

データ保持期間延長オプションも利用できます

データ保持期間延長オプション を利用することで、データ保存期間を 731 日間に延長できます。

ユーザーコンソールでデータを確認する

デバイスから送信され、Harvest Data に保存されたデータはユーザーコンソールで、表、グラフ (折れ線、棒グラフ、積み上げ)、地図で簡易的に可視化できます。詳しくは、Harvest Data に保存したデータを確認する を参照してください。

項目イメージ
表 表
折れ線グラフ折れ線グラフ 折れ線グラフ
棒グラフ棒グラフ 棒グラフ
積み上げグラフ積み上げグラフ 積み上げグラフ
地図地図 地図
Lagoon 3 を利用すると複数のグラフを組み合わせた Dashboard を作成できます

Lagoon 3 を利用すると、複数のグラフ、テーブル、リスト、地図などを組み合わせた Dashboard を作成し、ほかの Lagoon ユーザーや任意の第三者と共有できます。また、値がしきい値を超えたときに通知することもできます。