Soracom

Users

ドキュメント
Home ドキュメント SORACOM Harvest はじめに

SORACOM Harvest Files の特徴

Harvest Files はファイルを保存するストレージです。デバイスでファイルをアップロード / ダウンロードしたり、SORACOM API を利用してファイルをアップロード / ダウンロードしたりできます。

ユーザーコンソールでも、ファイルをアップロード / ダウンロードできます。

データのダウンロード データのダウンロード

データ保管の仕様について
  • ファイル保存期間: 731 日間。保存期間を経過したファイルは自動的に削除され、復旧できません。
  • Harvest Files 側での暗号化機能: なし。暗号化が必要な場合はクライアント側でご対応ください。
  • ファイルサイズ上限: 5 GiB
    • セルラー通信経由でアップロードできるファイルサイズ上限は 100 MiB です。
  • 保存ファイル数上限: なし
    • 同一のファイルパスを対象にファイルを送信した場合、ファイルは上書きされます。
  • ディレクトリ階層数上限: 16
  • ファイルパスの長さ上限: 1,024 バイト
  • ファイルの種類: 制限なし
  • スコープ: privatepublic の 2 種類のスコープがあります。
    • private: お客様が SORACOM Harvest Files にファイルをアップロードする際のスコープです。ファイルをダウンロードするには、認証が必要です。
    • public: ソラコムが SORACOM Harvest Files にファイルをアップロードする際のスコープです。

デバイスで撮影した画像やログデータを Harvest Files にアップロードする

デバイスで撮影した画像や、デバイスの動作を記録したログデータを、Harvest Files にアップロードして、ユーザーコンソールでダウンロードできます。

Harvest Files は、Unified Endpoint には対応していません。

ファームウェアをユーザーコンソールで Harvest Files にアップロードする

デバイスに適用するファームウェアをユーザーコンソールでアップロードして、デバイスでダウンロードする仕組みを構築できます。たとえば、デバイスが定期的にファイルの Etag (ファイルのエンティティタグ) を参照してファームウェアの更新有無を確認し、更新があったときのみファームウェアをダウンロードする仕組みが考えられます。

Harvest Files にファイルをアップロードすると、自動的に Etag が設定されます。