Soracom

Users

ドキュメント

SORACOM Harvest の特徴

容易なデータ・ファイルの収集と蓄積 

Harvest を利用することで、お客様は IoT デバイスと SORACOM Air があれば、別途サーバーやストレージを準備することなく、データおよびファイルの送信、保存、可視化までの一連の流れを手軽に実現できます。

IoT デバイスからのデータおよびファイルをクラウドにアップロードする場合、一般的には暗号化およびクラウドサービスの認証情報を付与したり、クラウドサービスの提供する SDK を使用してデータを送信したりする必要があります。SORACOM Harvest を使用する場合、SORACOM Air から SORACOM Harvest エンドポイントに HTTP (Harvest Data の場合 TCP、UDP その他 Sigfox, LoRaWAN などの LPWA でも可能) で送信することで簡単に蓄積できます。SIM (LPWA の場合デバイス固有の ID) が認証キーとなるため、認証情報をデバイスに保持し、リクエストに付与する必要はありません。さらにセルラー通信網内のセキュアなネットワークで処理されるため、暗号化は不要となり、IoT デバイスの CPU リソースを抑えることができます。

ユーザーコンソールでの確認・操作 

Harvest Data に蓄積されたデータはユーザーコンソールや API から確認できます。

データの表示

Harvest Files ではユーザーコンソールや API からファイルのダウンロード・アップロードができます。

データのダウンロード

データの可視化 (Harvest Data) 

Harvest Data に蓄積されたデータはユーザーコンソールからグラフ (折れ線、棒グラフ、積み上げ) および地図形式で簡易的に確認できます。よりカスタマイズしたい場合は SORACOM Lagoon をご利用ください。

折れ線グラフ

棒グラフ

積み上げグラフ

地図