MENU

Soracom

Users

Raspberry Pi と SORACOM Harvest を使用してデバイスのデータを収集する

SORACOM Harvest を使って、IoT デバイスからのデータを収集・可視化するデモ動画を紹介します。

3 つの方法でデバイスのデータを送信しています。

  1. タクトスイッチが押されたタイミングを収集、可視化
  2. 温度データを収集・可視化
  3. 超音波センサーで距離を収集・可視化

SORACOM Air の SIM、そして SORACOM Harvest を使用することで、サーバーを用意することなく簡単に IoT デバイス(ここでは Raspberry Pi)のデータを収集、可視化をおこなうことができます。

当デモでは、以下を使用しています。

  • Raspberry Pi 3 Model B
  • 3G USB ドングル AK-020
  • USB AC アダプター/ケーブル
  • Micro SD カード 16G
  • ブレッドボード
  • ジャンパーワイヤー (オス - メス)
  • 超音波センサー
  • 温度センサー
  • タクトスイッチ
  • SORACOM IoT SIM カード データ通信のみ/ナノ

なお、SORACOM では、Raspberry Pi、3G USB ドングル、超音波センサーを含む一式 IoT 体験キット 〜距離測定センサー〜 をご提供しています。

購入方法は こちら をご確認ください。(温度センサー、タクトスイッチは含まれておりません。)

また、使用しているスクリプトは、 GitHub で公開していますので、ぜひお試しください。

IoT 体験キット 〜距離測定センサー〜をセットアップする もご参照ください。