MENU

Soracom

Users

SORACOM Harvest のユースケース

Harvest に最適なユースケースを紹介します。

デバイスが送っているデータ(ペイロード)をクイックに確認

IoT デバイスと SORACOM Air を利用すればサーバーやクラウドサービスを用意することなくデータを確認できます。 Harvest Data を用いれば IoT デバイスがどのようなデータを送信しているのかをクイックに確認できます。

手間なくデータを可視化、画像やログデータなどをアーカイブ

IoT デバイスから送信されたデータおよびファイルはユーザーコンソールや API から確認およびダウンロードできるほか、Harvest Data ではユーザーコンソールからグラフ(折れ線、棒グラフ、積み上げ)および地図で送信されたメッセージを確認できます。

また、Harvest Files を利用してデバイスから画像や時系列データなどをアーカイブとして送信、保存できます。

IoT デバイスのファームウェア適用

クラウド側 (ユーザー側)から Harvest Files の API やコンソールと使用して、ファイルをアップロードし、IoT デバイスからダウンロードできます。 例えば、定期的にファイルの Etag(ファイルのエンティティタグ)を参照して、ファームウェアの更新を確認し、更新があったらダウンロードしてリスタートを行うことで、手間なくファームウェアの適用ができます。

サービスやプロダクトのライフサイクルに応じた利用

サービスやプロダクト開発の初期段階では、クイックにデータを可視化したいケースが多くあります。 Harvest Data ではデータの蓄積、および可視化までが提供されています。

開発の初期段階では Harvest Data を利用し要望を収集し、その後要望に応じで Beam や Funnel を使用して、自社サーバーやクラウドサービスを利用できます。高度なダッシュボードやダッシュボードの共有では SORACOM Lagoon の利用も可能です。

これらのサービスは Unified Endpoint に対応しており、IoT デバイスの設定を変更する必要はありません。